JAPANESE / ENGLISH

2004年12月26日 インド洋地震津波災害

インド洋地震津波災害調査研究グループ
河田惠昭0)・林  春男1) 京都大学防災研究所財団法人 阪神・淡路大震災記念協会 人と防災未来センター
今村文彦1)・越村俊一1) 東北大学大学院工学研究科 災害制御研究センター
佐竹健治2) 産業技術総合研究所 活断層研究センター
都司嘉宣1) 東京大学地震研究所
藤間功司1) 防衛大学校
林  勲男1) 国立民族学博物館
松冨英夫1)・高橋智幸1) 秋田大学工学資源学部
谷岡勇市郎1)・西村裕一2) 北海道大学大学院理学研究科 地震火山研究観測センター
松山昌史1) 電力中央研究所 地球工学研究所
牧  紀男1) 京都大学防災研究所
堀江  啓2) 防災科学技術研究所 地震防災フロンティア研究センター
小池信昭2) 和歌山工業高等専門学校
原田賢治2) 財団法人 阪神・淡路大震災記念協会 人と防災未来センター
鈴木進吾2) 京都大学大学院
0) 研究代表者,1) 研究分担者,2) 研究協力者

本調査研究の一部は,科学研究費補助金(特別研究促進費)「2004年12月スマトラ沖地震津波災害の全体像の解明」(研究代表者:京都大学防災研究所河田惠昭,課題番号:16800055)の補助を受けています.

本ホームページに関するお問い合わせはこちらから,またはEmail(宛)にてお願いいたします.
リンクすべきホームページの情報提供はこちらから,またはEmail(宛)にてお願いいたします.


新着情報

Last Update: Tuesday, 02/13/2007 14:43  JST

科学研究費補助金(特別研究促進費)「2004年12月スマトラ沖地震津波災害の全体像の解明」報告書を公開しました.
研究フォーラム「2004年インド洋地震津波災害被災地の現状と復興への課題 II」開催のお知らせ
日本のNGOの動き(国際協力NGOセンター)へのリンクを追加いたしました.
アジア8ヶ国・9言語に翻訳された「稲村の火」へリンクいたしました.
土木学会によるスリランカ被害調査の報告書が出来ました
防災科学技術研究所・岩崎伸一先生よりタイの検潮記録をご公開いただきました.
インドネシア,バンダアチェ調査結果(横浜国大・東京海洋大・PCI・Syiah Kuala大)が更新されました
大阪大学大学院・岡野恭子氏から国際機関の動きに関する情報をご提供いただきました
産業技術総合研究所 活断層研究センターの佐竹健治氏からアンダマン諸島における調査データをご提供いただきました
防災科学技術研究所・岩崎伸一先生よりスリランカ調査結果(北大・JAMSTEC・東京工業大・Moratuwa大)を提供いただきました
大阪大学大学院・岡野恭子様(国立民族学博物館・林研究室)から,ソマリアセイシェルケニアタンザニアマダガスカルのウェブ記事情報を提供いただきました.
12月26日インド洋地震津波災害被災地調査報告会が開催されます
2005年3月28日スマトラ島沖地震津波災害に関する情報を追加しました
被災地社会調査スリランカ現地調査団の調査結果を追加しました.
被災地社会調査インド現地調査団の調査結果を追加しました.
 

2005年3月28日スマトラ島沖地震津波災害

 
上智大学大学院・鈴木佑記様から3月29日付タイ語新聞からの抄訳を提供いただきました
国立民族学博物館地域研究企画交流センター・山本博之先生,大東文化大学・西芳美先生から2005年3月28日ニアス島沖地震の被害・救援情報をお知らせ頂きました
産業技術総合研究所活断層研究センター・佐竹健治様から3月29日スマトラ島沖の地震情報をお知らせ頂きました
2005年3月28日の地震による津波の暫定解析結果を公開しました
電力中央研究所松山昌史様より2005年3月28日スマトラ沖地震メモ・数値解析結果のアニメーションを頂きました
 

被災地画像データベース新着情報  

被災地画像データベース
 
京都大学防災研究所・原田さんから写真データを提供いただきました
 

INDEX    New: 過去2週間以内に更新があったもの

地震情報

概況
震源情報
地殻変動

津波情報

Timeline
観測情報
津波発生域の海底地形
過去の津波事例
津波マグニチュード

数値解析

2005/3/28の地震

津波被害予想地域

被災地画像データベース

資料

衛星画像
津波映像
写真
GISデータ
FTPサイト

リンク

 

現地調査結果

タイ
秋田大・港研・電研・京大・横浜国大・産総研・防大
東大・JAMSTEC・タイ気象局・Rangsit大・HAII
スリランカ
京大・東北大・港研
横浜国大・東京海洋大・ルフナ大
東京大学
東京都立短期大学
北大・JAMSTEC・東工大・Moratuwa大
土木学会
インドネシア
東大・秋田大・北大・電研・産総研・関西電力
民博・EDM・大東文化大
横浜国大・東京海洋大・PCI・Syiah Kuala大
インド
民博・京都文教大・拓殖大
アンダマン諸島
産業総合技術研究所
東京大学
弘前大学
モルディブ
マレーシア
クリアリングハウス

現地調査

調査予定
地域研究者
海外渡航に関わる医療情報
衛生事情
各国の計算潮汐データ
検潮所
衛星携帯電話

 

 

地域別情報

インドネシア・マレーシア

報告会・研究会 New

被害状況

被災エリア
各国の被害状況

証言・体験談

Web記事

被害抑止軽減

国際支援

国際機関の動き
分野別
地域別
救援金
各国の支援
国際機関の支援
域内各国の支援
国内NGOの支援 New
赤十字国際ニュース
国際緊急援助隊

国連機関サイト

各国政府機関サイト

各国ニュースサイト

 

The 2004 Indian Ocean Tsunami Disaster Survey Report

Preface
Chapter 1 The 2004 December, Northern Sumatra Earthquake and the Indian Ocean Tsunamis
Chapter 2 Earthquake, Tsunami and Damage at Banda Aceh and the Environs in Northern Sumatra
Chapter 3 Field Survey Report on the 2004 Indian Ocean Tsunami in the Southwestern Coast of Sri Lanka
Chapter 4 Field Survey and Numerical Simulation on the 2004 Off Sumatra Earthquake Tsunami in Thailand
Chapter 5 Survey of the tsunami damage in the Maldives
Chapter 6 Field Research on Social and Physical Impacts, and Responses in the Affected Areas
Chapter 7 Information Sharing on Indian Ocean Tsunami Disaster - Web site development

地震情報

概況(USGS

本震

発生日時: 2004/12/26 00:58:49 (UTC), 07:58:49 (Local Time)
位置: OFF THE WEST COAST OF NORTHERN SUMATRA (3.244°N, 95.825°E)
震源の深さ: 10 km
マグニチュード: 9.0

余震

Last 7 days    Last 8-30 days    Map

MAG DATE UTC-TIME LAT LON DEPTH   Region
6.2 2004/12/26 01:21:21 6.392 93.389 30.0   NICOBAR ISLANDS, INDIA REGION
6.0 2004/12/26 02:52:02 12.479 92.566 30.0   ANDAMAN ISLANDS, INDIA REGION
7.1 2004/12/26 04:21:29 6.893 92.901 36.9   NICOBAR ISLANDS, INDIA REGION
6.6 2004/12/26 09:20:01 8.911 92.346 10.3   NICOBAR ISLANDS, INDIA REGION
6.3 2004/12/26 10:19:29 13.470 92.779 5.8   ANDAMAN ISLANDS, INDIA REGION
6.3 2004/12/26 11:05:01 13.567 92.872 13.1   ANDAMAN ISLANDS, INDIA REGION
6.1 2004/12/26 15:06:35 3.663 94.013 30.0   OFF THE WEST COAST OF NORTHERN SUMATRA
6.2 2004/12/26 19:19:56 2.776 94.171 30.0   OFF THE WEST COAST OF NORTHERN SUMATRA
6.0 2004/12/27 00:32:16 5.490 94.451 30.0   NORTHERN SUMATRA, INDONESIA
6.1 2004/12/27 00:49:28 12.996 92.430 18.5   ANDAMAN ISLANDS, INDIA REGION
6.1 2004/12/27 09:39:07 5.361 94.661 35.0   NORTHERN SUMATRA, INDONESIA
6.1 2004/12/29 01:50:56 9.076 93.795 24.9   NICOBAR ISLANDS, INDIA REGION
6.2 2004/12/29 05:56:51 8.781 93.218 30.0   NICOBAR ISLANDS, INDIA REGION
6.3 2004/12/31 02:24:01 7.127 92.556 11.9   NICOBAR ISLANDS, INDIA REGION
6.0 2004/12/31 12:04:57 6.217 92.913 4.6   NICOBAR ISLANDS, INDIA REGION
6.5 2005/01/01 06:25:45 5.046 92.276 10.0   OFF THE WEST COAST OF NORTHERN SUMATRA
6.2 2005/01/02 15:35:56 6.332 92.799 30.0   NICOBAR ISLANDS, INDIA REGION
6.1 2005/01/04 09:13:12 10.656 92.368 20.0   ANDAMAN ISLANDS, INDIA REGION
6.1 2005/01/09 22:12:56 4.92 95.12 40.0   NORTHERN SUMATRA, INDONESIA REGION
6.3 2005/01/24 04:16:47 7.35 92.46 30.0   NICOBAR ISLANDS, INDIA REGION
6.2 2005/01/26 22:00:40 2.73 94.52 10.0   OFF THE WEST COAST OF NORTHEAN SUMATRA

▲ページの先頭へ

震源情報

USGS

Earthquake Hazards Program: NEIC Fast Moment Solution

Harvard

Harvard Moment Tensor Solution
 

東京大学地震研究所  山中氏

EIC地震学ノート No.161

建築研究所  八木氏

2004年12月26日 北スマトラ沖で発生した地震

▲ページの先頭へ

地殻変動

京都大学防災研究所地震予知研究センター 橋本氏

2004年12月26日に発生したスマトラ沖地震に伴う地殻変動

▲ページの先頭へ

その他の情報

USGS

Finite Fault Model
Historical Seismicity
Historical USGS Moment Tensor Solution
Theoritical P-Wave Travel Times
Hazards Data Distribution System

IRIS Special Report

 

BMG, Indonesia

Badan Meteorologi dan Geofisika
ASEAN Earthquake Information Center

Seth Stein and Emile Okal at Northwestern University

Ultra-long period seismic moment and implications for the slip process

California Institute of Technology

Sumatran Plate Boundary Project

▲ページの先頭へ


津波情報

Timeline

NOAA

観測情報

Thailand

Tsunami Records in Thailand

Indonesia

Provided by Dr. Parluhutan Manurung
Panjang - Tsunami Plot Image / Data
Pelabuhan - Tsunami Plot Image / Data
Sibolga - Tsunami Plot Image / Data

India

National Institute of Oceanography

Sri Lanka

Colombo, UHSLC

Maldives

Hanimaadohoo, UHSLC
Male, UHSLC
Gan, UHSLC

Diego Garcia

Diego Garcia, UHSLC

Mautitius

Rodrigues, UHSLC
Port Louis, UHSLC

Seychelles

Pt. La Rue, UHSLC

Oman

Salalah, UHSLC

Kenya

Lamu, UHSLC

Tanzania

Zanzibar, UHSLC

South Africa

Memorandum on the Sumatran Tsunami, CSIR (PDF)

Antarctica

昭和基地に置けるリアルタイム潮汐観測値, 海上保安庁海洋情報部

Australia

Cocos Is., WCATWC

New Zealand

Jackson Bay, WCATWC
Chatham I., WCATWC

Vanuatu

Port Vila, WCATWC

New Caledonia

Noumea, WCATWC

Tonga

Nukualofa, WCATWC

Fiji

King's Wharf, WCATWC
 

American Samoa

Pago Pago, WCATWC

French Polynesia

Nuku Hiva, WCATWC

Russia

Severo Kurilsk, WCATWC

Mexico

Cabo San Lucas, WCATWC
Manzanillo, WCATWC

USA

Hilo, Hawaii, WCATWC
Kahului, Hawaii, WCATWC
Kawaihae, Hawaii, WCATWC
Honolulu, Hawaii, WCATWC
Adak, Alaska, WCATWC
Dutch Harbor, Alaska, WCATWC
Neah Bay, Washington, WCATWC
Crescent City, California, WCATWC
Arena Cove, California, WCATWC
Point Reyes, California, WCATWC
San Francisco, California, WCATWC
Moterey, California, WCATWC
Port San Luis, California, WCATWC
Santa Monica, California, WCATWC
Los Angeles, California, WCATWC
La Jolla, California, WCATWC
San Diego, California, WCATWC
Antofagasta, California, WCATWC

El Salvador

Acajutla, WCATWC

Galapagos Is.

Baltra I., WCATWC

Peru

Callao, WCATWC

Chile

Arica, WCATWC
Iquique, WCATWC
Caldera, WCATWC
Coquimbo, WCATWC
Valparaiso, WCATWC
San Antonio, WCATWC
Talcahuano, WCATWC
Corral, WCATWC
Punta Corona, WCATWC
Puerto Williams, WCATWC

▲ページの先頭へ

津波発生域の海底地形図

  (電力中央研究所  松山昌史)

ベンガル湾広域 (GIF Image)
スマトラ島・マレー半島 (GIF Image)

スマトラ島の北岸に隣接した海底はミャンマー・タイ沿岸から伸びた大陸棚が欠けたような感じで深くなっています.この大陸棚の南端の地形のレンズ効果によりプーケット周辺の海岸に津波エネルギーが集中した可能性があります.

▲ページの先頭へ

スマトラ島南西海域に起きた過去の津波事例

  (Solov'iev and Go (1975) 津波カタログ)

DATE

LAT LON M m  
1797/02/10 0°N 99°E 8 3  
1833/11/24 2.5°N 100.5°E 8.25 2.5  
1843/01/05 1.5°N 98°E 7.25 2  
1861/02/16 1°N 97.5°E 8.5 3  
1907/01/04 1.5°N 97°E 7.5 2  

▲ページの先頭へ

インド洋で起きた過去の津波

Tsunami Events in the Indian Ocean Region

NOAA/NGDC Tsunami Event Database Search

Tsunami Runup (Source region = Indian Ocean)

NOAA/NGDC Tsunami Runup Database Search

 

Tsunami Database (ArcIMS Interactive Map)

NOAA/NGDC

▲ページの先頭へ

津波マグニチュード

(東京大学地震研究所 阿部勝征先生がtsunami-japan(東北大学が管理している津波研究関連のメーリングリスト)にポスト(2005年1月27日)したメールの引用です)
    H2(Maximum crest-to-trough amplitude on tide gage record in m) X(Distance from epicenter to station along the shortest oceanic path in km) Mt(Tsunami Magunitude)
Vishakapatnam India 2.4 2,070 9.3
Tuticorin India 2.1 2,100 9.2
Kochi India 1.3 2,400 9.0
Cocos Is. Australia 0.5 1,820 8.5
Hillarys Australia 0.9 4,600 9.2
Hanimaadhoo Maldive 2.2 2,500 9.3
Male Maldive 2.1 2,500 9.3
Gan Maldive 1.4 2,500 9.1
Diego Garcia Chagos A. 0.8 2,700 8.9
Tsunami Magnitude Mt of Sumatra, Indonesia 9.1

過去の津波の津波マグニチュード

1837 Valdivia, Chile 9.3
1841 Kamchatka 9.0
1868 Arica, Chile 9.0
1877 Iquique, Chile 9.0
1946 Aleutians 9.3
1952 Kamchatka 9.0
1957 Aleutians 9.0
1960 Chile 9.4
1964 Alaska 9.1
2004 Sumatra, Indonesia 9.1

▲ページの先頭へ

その他の情報

NOAA

Tsunami-Related ArcIMS Map - NGDC
DMSP-OLS Power Outage Detection from January 1, 2005 on the Northern Tip of Sumatra - NGDC
Satellite Wave Hight Measurement

▲ページの先頭へ


数値解析

東北大学災害制御研究センター

Vasily Titov

NOAA / PMEL

Ahmet Cevdet Yalciner

Middle East Technical University, Department of Civil Engineering, Ocean Engineering Research Center

Andrey Babeyko, University of Frankfurt/M and Stephan Sobolev, GFZ Potsdam, Germany

 

佐竹 健治

産業技術総合研究所

小池 信昭

和歌山工業高等専門学校

越村 俊一

人と防災未来センター

京都大学防災研究所巨大災害研究センター

2005年3月28日の地震による津波の解析結果

電力中央研究所 松山昌史氏

人と防災未来センター 越村俊一氏

産業技術総合研究所活断層研究センター 佐竹健治氏

▲ページの先頭へ


現地調査

調査予定

Indonesia

2005.1.17-2.1

東京大・秋田大・北海道大・電中研・産総研・関西電力a)

2005.2.8-2.17

民博・EDM・大東文化大a)

2005.2.11-2.14
横浜国大・東京海洋大・PCI・Syiah Kuala大c)

Thailand

2004.12.30-2005.1.4

秋田大,港空研,電中研,京都大a)

2005.1.28-1.29

産総研,防衛大a)

2005.2.24-3.4

防災科研,東大地震研,海洋研究開発機構,タイ気象局,Rangsit大,HAIIb)

India

2005.2.20-3.5

民博,京都文教大,拓殖大a)

2005.3.19-3.24

東京大学(池田安隆,茅根 創,越後智雄),産総研 (宍倉正展,鎌滝孝信)b)

Sri Lanka

2005.1.3-1.6

京都大学,東北大学,港空研a)

2005.1.6-1.9

横浜国大,東京海洋大,ルフナ大c)

2005.2.23-3.19

北海道大(谷岡勇市郎,西村裕一),海洋研究開発機構(松本浩幸),東工大(井上修作)b)

2005.2.24-3.3
東京大学b)
2005.3.12-3.20

東京都立短期大a)

2005.3.12-3.20 
土木学会インド洋大津波スリランカ被害調査団c) 
2005.4.26-5.2 
土木学会インド洋大津波スリランカ被害調査団c) 

Maldives

2005.1.27-2.5

防衛大,港空研,茨城大,テトラ,アイ・エヌ・エー,大成,PCI,若築,人防a)

Myanmar

2005.3.6-3.18
産総研(佐竹健治,岡村行信,澤井祐紀,鎌滝孝信,Than Tin Aung),名古屋大学(Kyaw Soe Win)b)


a) 科学研究費補助金,b) 科学技術振興調整費,c) その他

IOC 津波マニュアル(PDF)

日本語津波マニュアル(今村作成メモ)(Microsoft Word)

調査シート事例(2003十勝沖地震津波)(Microsoft Excel)

▲ページの先頭へ

地域研究者

Indonesia

山本博之(国立民族学博物館・地域研究企画交流センター 助教授)
2004年スマトラ島沖地震津波 関連情報(インドネシア・マレーシア)
2004年スマトラ島沖地震津波 アチェ復興関連情報

Sri Lanka

高桑史子(東京都立短期大学・文化国際学科 教授)

India

杉本良男(国立民族学博物館・先端人類学研究部 教授)

▲ページの先頭へ

海外渡航に関わる医療情報

 (大阪大学人間科学部 中村安秀氏提供)

December 2, 2004
International Health Development
          Yasuhide NAKAMURA

資料1    旅行者保健(Travel Medicine)の参考書

・海外で健康知恵袋(宮崎豊)近代出版  1999
出発前の予防接種の懇切丁寧なスケジュール案が特徴的.JICAでも専門家に配布している.

・旅のドクター(荻原理江監修)ダイヤモンド社(地球の歩き方:旅マニュアル263)1998
    現在入手できる本の中では,日本人のための途上国の医療情報が最も充実している.

・子どものための予防接種  各国の状況2001年版(平山宗宏,中村安秀,岡部信彦,後町洋一,加藤章子,氏田由可監修),2001年3月,母子衛生研究会,東京
    世界各国70カ国の予防接種の最新状況をまとめている.予防接種相談には必須の本.

・海外母子保健情報アクセスガイド(岡部信彦)1998,母子衛生研究会,東京
    海外長期赴任する家族を対象にした情報ガイド.

・International Travel and Health (WHO, Geneva, 2000)
世界各国の感染症に関して信頼のおける情報源.WHOが旅行者のために毎年出版.

・外国で病気になったときあなたを救う本(櫻井健司)ジャパンタイムズ,1992
さすがジャパンタイムズ,最も適切な訳語や的確な言い回しを使用している.


資料2    ホームページで得られる海外健康情報

2004年4月現在
中村安秀

<感染症情報源>
在外公館医務官情報
63ヶ国に赴任している医務官からの情報をコンパクトにまとめている.現在,最も信頼できる感染症情報,医療機関情報が網羅されている.

厚生労働省成田空港検疫所のホームページ
海外渡航に関する基本的な情報が網羅されている.関西空港検疫所の情報もいい.一般の人にも非常にわかりやすい.

国立感染症情報センター
海外の感染症情報は非常に充実している.やや専門家向き.

労働福祉事業団海外勤務健康管理センター(JOHAC)のホームページ
予防接種や途上国の医薬品情報など多様な情報が入手できる.ファクシミリ相談も行っている.

母子衛生研究会「子育てインフォ」のホームページ
海外赴任者とその家族のために,海外での母子保健サービスや予防接種・生活などの情報が入手できる.

「International Travel and Health」の日本語翻訳
姫路獨協大学情報科学センター「マラリア情報ネットワーク」が作製し,WHOの公認を得た質の高い情報である.

<安全情報・任国情報>
JICA国別生活情報
医療,衛生,住宅,交通など多項目にわたる情報が入手できる.

外務省の海外安全情報ホームページ
日本の新聞では報道されていない危険地域もあるので,出発前にはぜひチェックすべきである.

<英語での情報>
CDC のTravel information
非常に基本的な情報を網羅しており,地域ごとの情報提供も充実している.情報の新鮮度も高い.

アメリカ合衆国国務省のTravel Warnings
米国での危険情報は日本政府よりも確か.


資料3  大阪府の予防接種機関

大阪回生病院  健診センター
A型肝炎 破傷風 日本脳炎 狂犬病 麻疹. 同時接種相談可, 高校生以上のみ.同時接種2本まで.問合時間10:30-11:30,14:00-16:00(土AM) 他にコレラ,DT,B肝常備

大阪掖済会病院
常備ワクチン: A型肝炎 破傷風 麻疹 ポリオ BCG.(取寄: 日本脳炎). 接種相談可,

大阪府医師会予防接種センター
常備ワクチン: A型肝炎 破傷風 日本脳炎 狂犬病 麻疹 ポリオ BCG. 接種相談可 同時接種相談可,

財団法人大阪国際空港メディカルセンター  
常備ワクチン: A型肝炎 破傷風 日本脳炎 狂犬病. 接種相談可 同時接種相談可,

大阪市立総合医療センター感染症センター
常備ワクチン: A型肝炎 破傷風 日本脳炎 狂犬病 麻疹 ポリオ BCG. 接種相談可 同時接種相談可,

医療法人泉友会熊野クリニック  
常備ワクチン: A型肝炎 破傷風 日本脳炎 狂犬病 麻疹. 接種相談可 同時接種相談可,

厚生労働省 大阪検疫所
常備ワクチン: 黄熱 A型肝炎 破傷風 日本脳炎 狂犬病 麻疹 ポリオ. 黄熱 水・木曜(第4水曜除く)14:00-16:00 他 電話問い合わせの事.完全予約制.

厚生労働省 関西空港検疫所
常備ワクチン: 黄熱 A型肝炎 破傷風 日本脳炎 狂犬病 麻疹. 接種相談可 予約黄熱 第4水曜 市立泉佐野病院にて実施,1週間前から関西空港検疫所に予約他 火曜9:00-12:00 13:00-16:00, 要予約 (ポリオは実施せず)

▲ページの先頭へ

衛生事情

 (東京大学地震研究所 都司嘉宣)

外務省在外公館医務官情報
Sri Lanka    Thailand    India    Malaysia    Indonesia    マラリア情報

マラリアの予防は渡航1週間前からクロロキンなどを服用する必要があります.破傷風菌などは注射を打っておき必要があります.渡航を予定している方は,早めに各都市の海外渡航検疫の専門医(東京ならたとえば内外医療,東京新橋)に行っておいてください.

▲ページの先頭へ

各国の計算潮汐データ

 (東京大学地震研究所 都司嘉宣)

Astronomical Tide Levels along the Coast of Indian Ocean

各国の計算潮汐データのページ
Yoshinobu TSUJI, Yuichi NAMEGAYA, and Junichi ITO (Earthquake Research Institute, the University of Tokyo)

タイ国Phuketの潮汐表(王立タイ海軍の計算結果)

December 2004    January 2005    February 2005

▲ページの先頭へ

検潮所

岩崎伸一先生(防災科学技術研究所)がtsunami-japan(東北大学が管理している津波研究関連のメーリングリスト)にポスト(2004年12月30日)したメールの引用です.

世界中の検潮所で,現在稼動中のものについて,以下のHPが役に立つかもしれません.
PSMSL home page

いろいろあるので,便利そうなものを以下に挙げておきます.
各国の所管と責任者(tel,fax,e-mail)
各国のコードナンバー(コード順,ABC順)
各国の検潮所のリスト
検潮所の分布

PSMSL は海面上昇のためのサービス機関のため,リアルタイムデータは,各国に問い合わせるしかありません.

▲ページの先頭へ

衛星携帯電話

  (東北大学大学院  安倍祥氏提供)

JALエービーシー

衛星電話レンタルサービス/成田で受け取り可  TEL: 0120-086-072

KDDI衛星通信サービス

イリジウム衛星携帯電話(1週間単位のレンタル)  TEL: 0120-328-655

東京ベイ通信株式会社 イリジウム端末

TEL: 0120-988-133, 043-204-6555
 

テレコム・スクウェア イリジウム端末

成田・関空で受け取り可能  TEL: 0120-388-212/03-3239-2333

mobell イリジウム端末

TEL: 0120-423-524

World-tel

関空内に支店有り.アジア向けエイシス端末(GSM利用もできる)  TEL: 0120-982-811

▲ページの先頭へ


現地調査結果

Thailand

秋田大・港空研・電研・京大・横浜国大・Rangsit大・タイ国政府機関合同調査グループ

Site: Phuket, Khao Lak, Phi Phi Is.
Period:
December 30, 2004 - Janualy 4, 2005

Member

松富英夫 秋田大学 工学資源学部
平石哲也 港湾空港技術研究所 海洋水工部 波浪研究室長
高橋智幸 秋田大学 工学資源学部
松山昌史 電力中央研究所 地球工学研究所
原田賢治 京都大学 防災研究所
Sittichai Nakusakul 横浜国立大学 博士課程
Seree Supartid Proffessor, Dean College of Engineering, Rangsit University
Wattana Kanbua Meteorologist, Thai Meterological Department
Chaitawat Siwabowon Mechanical Engineer, Ministry of Interior, Thailand
Sittiporn Phetdee Scientist, Ministry of Interior, Thailand
Warlsatha Janchoowong Scientist, Ministry of Interior, Thailand
Suchaya Suttiwanakul Scientist, Ministry of Interior, Thailand
Mongkonkorn Srivichai Doctoral Student, College of Engineering, Ransit University

和歌山県津波被災調査チーム

Period: January 27 - Feburuary 1, 2005

産業技術総合研究所・防衛大学校合同調査グループ

Period: January 28 - 29, 2005

Member

佐竹健治 産業技術総合研究所
岡村行信 産業技術総合研究所
宍倉正展 産業技術総合研究所
藤間功司 防衛大学校

東大・JAMSTEC・タイ気象局・Rangsit大・HAII合同調査グループ

Period: February 24 - March 4, 2005

Member

都司嘉宣 東京大学地震研究所
松本浩幸 海洋研究開発機構
行谷佑一 東京大学地震研究所
Dr. Wattana Kanbua Thai Meteorological Department
Mr.Mongkonkorn Sriwichai Rangsit University
Mr.Vorawit Meesuk HAII

Sri Lanka

京都大学・東北大学・港湾空港技術研究所合同調査グループ

Site: Galle
Period:
January 3, 2005 - January 6, 2005

Member

河田恵昭 京都大学  防災研究所
今村文彦 東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター
富田孝史 港湾空港技術研究所  海洋・水工部  高潮津波研究室
有川太郎   港湾空港技術研究所  海洋・水工部  耐波研究室
安田誠宏 京都大学  防災研究所

横浜国大・東京海洋大・ルフナ大合同調査グループ

Site: Southern Coast
Period:
January 6, 2005 - January 9, 2005

Member

柴山知也 横浜国立大学大学院 工学研究院 システムの創生部門
岡安章夫 東京海洋大学 海洋科学部海洋環境学科
Nimal Wijayaratna Dept. of Civil and Env. Eng., Facalty of Eng., University of Ruhuna
佐々木淳   横浜国立大学大学院工学研究院  システムの創生部門
鈴木崇之 横浜国立大学大学院工学研究院  建設システム工学コース
Ravindra Jayaratne 横浜国立大学大学院工学研究院  卒業生

東京大学調査グループ

Period: February 25 - March 2, 2005

Member

佐藤愼司 東京大学大学院工学系研究科
鯉渕幸生 東京大学大学院新領域創成科学研究科
本田隆英 東京大学大学院工学系研究科
Roshan Suminda RANASINGHE 東京大学大学院工学系研究科
Thisara WELHENA 東京大学大学院新領域創成科学研究科

被災地社会調査グループ

Period: March 12 - 21, 2005

Member

高桑史子 東京都立短期大学文化国際学科
K. E. Karunaratne コロンボ大学シンハラ語学科教授(前コロンボ大学大学院日本研究修士課程コーディネーター)
S. Gunasekara コロンボ大学社会学科上級講師(Senior Lecture)

北海道大学・JAMSTEC・東京工業大学・Moratuwa大学合同調査グループ

Period: February 23 - March 3, March 10 - 19, 2005

Member

谷岡勇市郎 北海道大学
西村裕一 北海道大学
松本浩幸 JAMSTEC
井上修作 東京工業大
Prof. Anil C. Wijeyewickrema 東京工業大
三浦弘之 東京工業大
Dr. Priyantha Gunaratna Univ. Moratuwa
Mr. Manoj Madurapperuma Univ. Moratuwa

土木学会インド洋大津波スリランカ被害調査団

Period: March 12 - March 20, April 26 - May 4, 2005

Tsunami Reseach at GTS

Internet Map Server for Tsunami Reconnaissance, Cornell University

Indonesia

東大・秋田大・北大・電研・産総研・関西電力合同調査グループ

Site: Banda Aceh, etc.
Period: January 17, 2005 - February 1, 2005

Member

都司嘉宣 東京大学地震研究所
松冨英夫 秋田大学
谷岡勇市郎 北海道大学
西村裕一 北海道大学
榊山勉 電力中央研究所
鎌滝孝信 産業技術総合研究所
村上嘉謙 関西電力

被災地社会調査グループ

Period: Feburuary 8 - 17, 2005

Member

山本 博之 国立民族学博物館地域研究企画交流センター
堀江 啓 防災科学技術研究所地震防災フロンティア研究センター
西 芳実 大東文化大学国際関係学部非常勤講師
タンタウィ・ジャウハリ シア・クアラ大学工学部
テディ・ブーン PT Konsultan Teddy Boen

横浜国大・東京海洋大・PCI・Syiah Kuala大合同調査グループ

Period: February 11- 14, 2005

Member

柴山 知也 横浜国立大学大学院工学研究院
岡安 章夫 東京海洋大学 海洋科学部海洋環境学科
佐々木 淳 横浜国立大学大学院工学研究院
鈴木 崇之 横浜国立大学大学院工学研究院
松丸 亮 (株)パシフィックコンサルタンツインターナショナル 水・環境・情報事業部
Ir. Masimin Dept. of Civil Eng., Syiah Kuala University
Ir. Zouhrawaty Atiff Dept. of Civil Eng., Syiah Kuala University

Tsunami Reseach Center, University of Southern California

Maldives

防衛大・港空研・茨城大・テトラ・アイ・エヌ・エー・大成・PCI・若築・人防合同調査グループ

Site: Haa Dhaalu, Male, Vaavu, Meemu, Dhaalu, Laamu,Seenu
Period: January 31, 2005 - February 5, 2005

Member

藤間功司 防衛大学校
富田孝史 港湾空港技術研究所
本多和彦 港湾空港技術研究所
鴫原良典 防衛大学校
信岡尚道 茨城大学
半沢 稔 テトラ
藤井裕之 アイ・エヌ・エー
大谷英夫 大成建設
折下定夫 PCI
辰巳正弘 若築建設
越村俊一 人と防災未来センター

Tsunami Reseach at GTS

India

被災地社会調査グループ

Period: Februrary 20 - March 5, 2005

Member

杉本良男 国立民族学博物館先端人類科学研究部
杉本星子 京都文教大学人間学部文化人類学科
深尾淳一 拓殖大学政経学部
S. Subbiah(スッバイヤー) マドラス大学地理学科元教授(元国立民族学博物館客員教授)
A. Sagayaraj デリー大学大学院社会学科Ph.D.コース

EERI-India Survey Result - Oregon State University

Preliminary Survey Result - EERI India Team (Microsoft Excel)

Andaman Islands(India)

3チーム津波調査結果データ(Microsoft Excel)

産業総合技術研究所・東京大学合同調査グループ

Period: March 19 - 24, 2005

Member

宍倉正展 産業技術総合研究所
鎌滝孝信 産業技術総合研究所
池田安隆 東京大学
茅根 創 東京大学
越後智雄 東京大学

東京大学地震研究所・加藤照之教授

平成16年度振興調整費 2004年スマトラ沖大地震及びインド洋津波被害に関する緊急調査研究報告
グループ2:震源近傍における地殻変動・津波調査「GPSによる余効変動の観測」報告

弘前大学・佐藤魂夫教授

2004年スマトラ島沖地震の津波 ホームページ

Malaysia

Ahmet C. Yalciner, Nor Hisham Ghazali, Ahmad Khairi Abd Wahab

Clearing House

Earthquake Engineering Research Institute

 

▲ページの先頭へ


報告会・研究会

インド洋地震津波災害被災地の現状と復興への課題 II
 日時:2006年1月8日(日)午前9時50分〜午後5時30分
 会場:国立民族学博物館 本館2階第4セミナー室
 主催:人間文化研究機構・国立民族学博物館

12月26日インド洋地震津波災害被災地調査報告会

[東京]
緊急支援から地域再興へ:インド洋地震・津波災害と地域社会
 日時:2005年4月9日(土) 午前10時〜午後6時
 会場:上智大学中央図書館L-911
 主催:地域研究コンソーシアム/上智大学アジア文化研究所

[大阪]
インド洋地震津波災害被災地の現状と復興への課題
 日時:2005年4月23日(土) 午後1時〜6時
 会場:国立民族学博物館2階 第5セミナー室
 主催:国立民族学博物館・機関研究プロジェクト「災害対応プロセスに関する人類学的研究」
  ※要申込(先着100名)

地球惑星科学関連学会合同大会 2005.5.22-26[1]

アジア大洋州地球科学学会 2005.6.20-24[1]

国際津波シンポジウム 2005.6.27-29[1]

救援・復興活動を通じた関係性構築の試み―インドネシア・アチェ州の現地報告から― 2005.2.22

インド洋地震津波災害に係るインドネシア調査団報告会 2005.2.4

2005 Calendar of upcoming conferences and seminars - USC Tsunami Research Center

引用

[1]産業技術総合研究所・佐竹健治氏,2005.2.14,tsunami-japan

▲ページの先頭へ


資料

衛星画像・データ

QuickBird

Digital Globe Inc.(日本代理店
Tsunami Media Gallery - Digital Globe
Banda Ache Tsunami Damage (PDF)  

IKONOS

Space Imaging Inc.(日本スペースイメージング社
Tsunami Gallery - Space Imaging
Khao Lak, Thailand - Dec 29 - NASA
Lhoknga, Indonesia - Dec 29 - NASA
Chennai, India - Dec 29 - NASA

SPOT

Spot Image S. A.(東京スポットイマージュ
Asia Tsunami Observed by SPOT
Port Blair, Andaman Islands - SPOT 5 image - 28/12/04

ASTER

Advanced Spaceborne Thermal Emission and Reflection Radiometer - NASA, METI, ERSDAC
ERSDAC

MODIS

Moderate Resolution Imaging Spectroradiometer - NASA
Ache province, Indonesia - Dec 29 - NASA
A portion of Andaman Is., India - Jan 3 - NASA

SERTIT

Service Régional de Traitement d'Image et de Télédétection
Tsunami Asia

DMSP

Defense Meteorological Satellite Program
Banda Aceh
 

IRS

NRSA (National Remote Sensing Agency, Dept. of Space, India)
Tsunami

RADARSAT

CSA (Canadian Space Agency)

MERIS / IMP

ESA
Satellite Images of Asian Disaster

FORMOSAT-2

National Space Program Office, Taiwan

ORBIMAGE

ORBIMAGE Inc.
Tsunami Series

UNOSAT

United Nations
Tsunami in Asia-Pacific, Dec 2004

Charter

Regional Map of Tsunami-Affected Areas (JPEG)
Earthquake, tsunami in Indonesia and Thailand
Tsunami in Sri Lanka
Earthquake, tsunami in South Asia

CRISP

National University of Singapore
Tsunami Disaster in Asia

SRTM

Shuttle Radar Topography Mission - NASA

ETOPO30

30 arc sec. global topography - University of Alaska

▲ページの先頭へ


津波映像

Asian Tsunami Video Footage from the Web -AsianTsunamiVideos.com

Photos and Videos from the aftermath of the Asia Tsunami - Waveofdestruction.org

Asia's Deadly Tsunami

スマトラ沖地震・津波の映像Blog

Cheese and Crackers: Tsunami Video

PunditGuy: Tsunami Video

▲ページの先頭へ


写真

被災地写真データベース

京都大学防災研究所・原田賢治さん

写真サイト

Asian Tsunami Disaster - Yahoo! Slide Show
Thailand Photo Gallery - Tidal Wave - Thailand-Photos.net
Phuket Tsunami Photo Gallery by hellmut issels - pbase.com
Maldives Disaster Management Center
Tsunami Pictures - Tsunamis.com
US Navy NewsStand

▲ページの先頭へ


GISデータ

USGS

Hazards Data Distribution System

NOAA

Tsunami & Earthquake Data

PDC

Pacific Disaster Center

▲ページの先頭へ


FTP Site

USGS

Landsat
Damage Polygon
Aster

▲ページの先頭へ


被害情報

被災エリア

Worst Affected Areas - Guardian Unlimited

Regional Map of Tsunami-Affected Areas (JPEG) - Charter

▲ページの先頭へ

各国の被害状況

  (2/1 WHO)
Country Areas / people affected Damage Displaced Peoples Relief Injured Missing Deaths
Sri Lanka 12 coastal districts
103,789 affected families
103,753
affected houses
500,668 328 relief camps 15,196 5,644 30,959
India 2200 km of coastal land
300m-3km inland
3 million people
897 villages
157,393 dwelling units
11,827 HA of cropped area
1.56B USD
647,556 595 relief camps
with 376,171 people
638,297 people evacuated
6,898 5,551 10,872
Indonesia Aceh: Districts (14 out of 21);
1 million people
172 sub-districts
1550 villages
21,659 houses destroyed
417,124 living in spontaneous settlements 103 camps officially listed - numbers and camps remain fluid 1,736 hospitalized 127,749 101,199 buried
Thailand 6 provinces on west Thai coast with 308 villages
12,068 households
6.85M Baht have been provided to assist victims   47,708 rescue workers mobilized 8,457 3,144 5,332
Malaysia NW states of Penang and Kedah   8,000 30,000 in 9 camps 73 in-patient
694 outpatient
6 68
Maldives 20 atolls
100,000 people affected
3,997 buildings, including 30 health facilities at differing levels 10,578   1,313 26 83
Myanmar

23 villages,
10-15,000 people affected long-term.?
5-7,000 directly affected

592 houses of 17 villages destroyed 2,592 homeless/ households (537)   43 3 61
Bangladesh             2
(1/3 16:00 CNN)
East Africa             136
(12/30 20:36 共同通信)
(Somalia) Puntland region worst-hit,? 650 km of coastline 600 families have lost properties.
2,600 fishing boats destroyed
Approx. 4,000 Many sheltering under plastic sheeting or in branch huts NA NA At least 150
(Tanzania)             10
(1/3 16:00 CNN)
(Seychelles)             Unconfirmed reports of deaths
(12/29 19:39 CNN)
(Madagascar)              
(Kenya)             1
(12/29 19:39 CNN)

▲ページの先頭へ

域外旅客死者数

  (12/29 0:30 ロイター通信など)
国名 死者数
フランス 22
英国 16
ノルウェー 13
イタリア 11
スウェーデン 10
米国 8
オーストラリア 6
日本 9
韓国 4
ドイツ 4
オーストリア 4
カナダ 3
ベルギー 2
シンガポール 2
デンマーク 2
南アフリカ 2
ニュージーランド 1

▲ページの先頭へ


地域情報

2004年スマトラ島沖地震津波  関連情報(インドネシア・マレーシア)

アチェ州およびその近隣地域(インドネシア・マレーシア)を中心とした情報
  山本博之氏(国立民族学博物館・地域研究企画交流センター)
  西芳実氏(大東文化大学・国際関係学部・非常勤講師)

▲ページの先頭へ


証言・体験談

Tsunami Survivor Stories

▲ページの先頭へ


国際機関の動き

( 大阪大学大学院・岡野恭子氏提供)

INDEX

分野別

コーディネーションロジEarly Warning経済復興とインフラ食糧支援
保健Protection, Human Rights, Rule of Law, Integration and Livelihoodセキュリティ
 

地域別

インドネシアスリランカモルディブインドセイシェルソマリアミャンマー
タイマレーシアケニア・タンザニア・バングラデシュ

 

分野別

2005年4月5日現在:OCHA Mid-term reportより 

援助団体の調整役という役目を担っている。被災地に100人以上の職員を配置し、定期的なコーディネーションミーティングの開催、各種レポート、救援から復旧への戦略プランなどの作成を行っている。また、情報の集約・発信機関としての役割も大きい。OCHAのもと、インドネシアとスリランカでは、Humanitarian Information Centers (HICs)が設立された。

食糧支援を一手に担っているWFPが、迅速な物資供給を可能にするため、ロジ支援も行っている。WFPは管轄下にあるUnited Nations Joint Logistic Center(UNJLC)とともに空路による物資および人の移動手段の支援をおこなっている。UNJLCはコロンボ、ジャカルタ、バンダアチェ、メダン、バンコクにオフィスを持っており、現在インドネシアへの新たな海路アクセスを開拓中である。UNICEFもロジシャンの配置を行っている。

将来の津波に備え、津波の早期警報システムの向上を目指すものでInternational Strategy for Disaster Reduction(ISDR)を中心に、多くの国際機関と連携して進められている。津波災害に明るい日本へのスタディツアーや、神戸で会合が開かれるなどしている。津波に関する中間的情報交換システムが、UNESCO- International Oceanographic Commission(IOC)、World Meteorological Organization(WMO)によって作られた。

長期的視野に立ち、持続的復旧・復興・開発のための地場作り、復興計画を作成しているのがUNDPである。被害状況および復旧ニーズの調整、危険情報などを行っている。また、世界銀行やアジア開発銀行などとともに、インドネシア、モルディブ、タイにおいてニーズアセスメントを実施、インド、スリランカにおいて復興計画を準備している。

International Labour Organization(ILO)は、職業創出、地元の経済開発など、雇用に関するあらゆる活動を行っている。

WFPが一手に担っている。緊急ニーズアセスメントは1月後半に終えており、要支援と判明した79万人のうち、3月の時点で59万人のニーズを満たしている。3月末現在、受益者170万人、5万トンの食糧支援を行う。インドネシア、スリランカにおいては、子どもたちや妊婦に栄養食を支給し、スリランカやモルディブでは、学校給食が配給されている。ミャンマーでは、コミュニティ復興のためのfood-for-work事業(作業の対価として食料を支給するというもの)、スリランカではFood and Agriculture Organization(FAO)やInternational Organization for Migration(IOM)と連帯して清掃活動支援を行うなど、各国でさまざまな活動を展開している。

各国の保健省、国連機関およびNGOとともに行った初期アセスメントをもとに、WHOは今後の戦略を発表した。この戦略は、生存者の健康を守るため、モニタリングや保健システムの復旧支援などを通して、国の保健機関をハード・ソフト両面から支援することを目指している。また、感染症対策として、Global Outbreak Alert and Response Network(GOARN)とともに感染症の初期警告と監視・発生時の対応を担い、UNICEFとともに医療とロジの供給も行うほか、ヘルスケアへのアクセス促進、各国の保健施設への技術指導などを行っている。

UNICEFは、アチェにおいて保健調査および栄養調査に参加し、20万人以上の子どもたちにはしかの予防接種を行う予定。スリランカでは、栄養監視システムを立ち上げる予定である。

United Nations Population Fund(UNFPA)は、妊婦および乳児死亡率の低下、エイズの拡大を防ぐため、基本的リプロダクティブヘルスサービスの回復を目指している。

Food and Agriculture Organization(FAO)は、早急に生活復興分野における調整および技術支援チームを被災地に派遣。現在も、インドネシア、モルディブ、スリランカ、タイ、ミャンマー、ソマリア、セイシェル、インドにて活動している。世界銀行やアジア開発銀行とともに、作物や農具、小規模漁村、養殖業などの調査を行うと同時に、地域住民とともに海岸沿いの漁村運営能力の向上に努めている。

UNFPAは、女性や女子に対するGender-Based Violence(GBV)の防止のため、彼女たちが公平に基本的サービスへアクセスできるよう活動している。

United Nations Development Fund for Women(UNIFEM)もUNFPA同様、女性の人権保障に努めている。復興過程において女性の声が取り入れられ、女性のニーズが満たされるよう、地域の女性団体を支援するとともに、自活支援を行っている。アチェおよびスリランカにはUNIFEMのアドバイザーが配置され、ソマリアでも女性団体のマッピングが行われた。

子どもの保護に関しては、UNICEFが残された子どもたちの登録や身元確認を最優先事項とし、人身売買・搾取・虐待の予防、心理社会的ケアを行っている。具体的には、インドネシアにおいてトラウマケアを行うチャイルドセンター設立、モルディブにおいてUNFPA、IFRCとともに教師に対する心理社会的ケアの訓練の実施、スリランカにおいてILO、Save the Childrenとともに子どもたちの追跡調査を行ったりしている。

援助スタッフの安全を確保するため、United Nations Department of Safety and Security(UNDSS)はリスクアセスメントセキュリティリスク調査を行い、対策を講じており、スタッフ追跡システムも導入されている。また、WFPによりコミュニケーションネットワークも構築されている。

For more information - Consolidated Appeals Process (CAP): Mid-Term Review of the Flash Appeal 2005 for Indian Ocean Earthquake - Tsunami - OCHA

▲ページの先頭へ

地域別

WFPは、アチェおよび北スマトラの受益者720,000人に対し、38,000トンの食糧

支援を行っている(うち約1,000トンはニアスへ)。4月初めに学校給食プログラムがBanda Acheほか二つの地区で始まり、8月までに340,000人にまで対象を拡大する予定である。なお、学校給食プログラムおよび通常の食料配給は12月まで継続される。

UNDPはBanda Ache周辺におけるごみリサイクルプロジェクトを始め、cash for workとして現地の人を雇用している。

UNICEFは300の学校を建設するMoUを教育省と結ぶ。教員研修は4月9日に終了。Nanggroe Ache Darussalamにおける子どもたちへの予防接種キャンペーンはほぼ終了。

今後のアチェ、北スマトラ、二アスの復興計画は、IDPのための恒久住宅の建設である。International Organization of Migrant(IOM)は耐震住宅の建設を目指している。

United Nations Human Settlements Programme(UN-HABITAT)は、保健、貧困削減、人権、社会復帰、インフラの分野における地元当局、コミュニティ、ローカルNGOの強化支援をすると表明した。

UNHCRは、Ampara地区において仮設住宅の供給を行っており、Batticaloa地区においても半仮設住宅を建設した。

UNDPは、The Business-for-Peace AllianceとともにSmall and Medium Enterprise Credit Facilitation Projectに乗り出した。

UNICEFは医療機器供給を行っているほか、ドイツのNGO、Malteserとともに、雨水利用システムを作った。また、医療関連では、International Committee of the Red Cross(ICRC)が医療スタッフを派遣しクリニックを支援している。

FAOは肥料や苗の供給を行っている。

World Visionは Galle地区で84のシェルターを開所した。また、OXFAMとともに豪雨被害に対し、シートや缶詰などを配給している。

UNICEFおよびUNOPS(United Nations Office for Project Service)は、教育省と

ともに学校とヘルスセンターを再建することで合意した。

OCHAの協力で、地元政府や当局、そして援助者を対象としたLessons Learned WorkshopをMaleで開催する予定である。ワークショップの目的は、地元当局の災害対応能力の向上である。

UNICEF,UNFPAおよび OCHAは、IDPキャンプにおける児童虐待、GBVや差別への対応を今後検討していく予定である。

UNDPは、シェルターおよび居住環境の長期的復旧に対する戦略作り(Tamil Nadu)、復興計画の作成を行っている。

World Visionは、シェルター設置、暑さ対策、non-food item配給、子どもの遊び場修復を行っている。

FAOおよびUNDPは、1月から2月にかけて行われた調査をもとに、現状の生活支援やインフラの復旧計画を修正した。

UNDP/BCPR(危機予防復興支援局)およびOCHAは、Early Warning Systemおよび適切なリスクマネージメント施設の建設に関する技術的アドバイスを行っていく。

UNHCRは食糧および物資の供給を行っている。

UNEPとOCHA 合同のEnvironmental Unitでは、UNDP, WHOとともに、引き続き産業廃棄物の影響を注視している。

WFPは、政府とともにHafunの橋(50km)の修復に関する技術査定を行い、WFP

の資金によって、food for work方式で修復が進められる予定である。

Save the Children UKは、Hafunにおいて医療およびシェルター事業を開始した。

UNICEFは、学校およびヘルスセクターへの衛生システム(トイレ、水タンク)供給を行っている。また、薬の配給、予防接種の実施、学校修復、学用品の支給、子どもの保護と心理社会的支援など、その活動は多岐にわたる。

保健医療では、WHO,とJICAがマラリア予防活動を行っている。

WFPは2005年6月まで十分な食糧支援を行うとしている。

WFPは、767の学校に通う11,255人の子どもたちに対する支援を年度末まで行うとしている。

UNICEFは、子どもの心のケアを行っており、全ての子どもたちを学校に戻し、心理社会的ケアプログラムを広げる方針である。

UNDPは、コミュニティ主導のマイクロファイナンス支援と同時に、漁村への緊急支援を行う。珊瑚礁の保護を進めることで、観光業の復興にも勤める予定である。

アジア開発銀行は、商業省とともに長期的マスタープランを作成している。

比較的被害は少なかった。MRCSによってシェルターが設置されているほか、政府による被害査定が行われ、その結果にそって生活保障を行われる予定である。

海岸沿いに被害を受けるが、重大な被害はない。各国当局と国際機関(IRCSなど)による防災対策強化へ

<今後の方針>

▲ページの先頭へ


国際支援

救援金

日本赤十字社  スマトラ島沖地震救援金

日本ユニセフ協会  スマトラ沖地震緊急募金

AmeriCares South Asia Earthquake Relief Fund

Direct Relief International International Assistance Fund

Médecins Sans Frontières International Tsunami Emergency Appeal

 

Oxfam Asian Earthquake & Tsunami Fund

ReliefWeb

Sarvodaya Relief Fund for Tsunami Tragedy

Save the Children Asia Earthquake/Tsunami Relief Fund

USAID Earthquake and Tsunami Relief

▲ページの先頭へ

各国の支援

 (1/27 BBC)

リスト(PDF) - OCHA

Japan $500M government donations, 120 civilian emergency workers
United States $350M(Expected to rise to $650M) government donations, military assistance involving 12,600 personnel, 21 ships, 14 cargo planes and more than 90 helicopters, $200M private donations
Norway $183M government donations, $30M private donations
Britain $96M government donations, $466M private donations, Two RAF planes, a C-17 and a Tristar, are helping to deliver aid to the region.
Italy $95M government aid, $20M private donations,
Sweden $80M government donations, at least $75M private donations
Denmark $75M government aid, a field hospital, transport vehicles and a ship to the UN aid effort
Spain $68M government donations, a medical team has been sent to Sri Lanka
France $66M government donations, an estimated $90M raised in private and business donations, A medical team has been sent to Sri Lanka
Canada $343M government donations, at least $75M private donations, highly-specialised Disaster Assistance Response Team to Sri Lanka
China $83M government donations, $1.8M donated to the Chinese Red Cross
South Korea $50M government aid, nearly $13M private donations
North Korea pledged $150,000 to the aid effort in Indonesia
Australia $764M over five years government offer of aid, $77M public total, about 350 military staff, 4 military helicopters, a troop transport ship, a military health support team and a water purification plant are being sent to Indonesia, as well as a team of volunteer medical professionals.
Netherlands $34M government donations, further $259M has been allocated for reconstruction, $35M private donations, police identification team has been sent to Thailand
Russia $10M in government aid, additional aid, including grain and water purifiers
Germany government aid to $647M over three years, an estimated $586M public donations, a mobile hospital to Aceh and a military ship with two helicopters, aid supplies, water treatment equipment and an operating theatre on board
Qatar $25m in government aid, food, medical and logistical supplies to affected countries

▲ページの先頭へ

国際機関の支援

 (1/27 BBC)
World Bank $250M
European Union $628M in reconstruction and humanitarian funds, of which $130m is humanitarian aid
IMF has offered up to $1bn in financial assistance
Asian Development Bank $500M has been allocated to Indonesia, Sri Lanka and the Maldives in the form of grants and highly concessional funds

▲ページの先頭へ

域内の各国の支援

 (1/27 BBC)
India relief operation in Sri Lanka, the Maldives and Indonesia, involves at least 16,000 troops, 32 navy ships, 41 aircraft including at least 16 helicopters, several medical teams and a mobile hospital. The air force has so far lifted 10,000 tonnes of relief supplies.
Bangladesh 111 soldiers to Sri Lanka and the Maldives, with a further 46 expected to join them, Two planes and two helicopters
Pakistan 500 military staff in medical and engineering teams in Indonesia and Sri Lanka
Afghanistan pledged to send around a dozen medics and a planeload of medicine and equipment to India and Sri Lanka. Citizens have donated blood.

▲ページの先頭へ


日本のNGOの動き

スマトラ島沖大地震/インド洋津波災害 NGOによる緊急支援 - 国際協力NGOセンター(JANIC)

▲ページの先頭へ


赤十字国際ニュース

現地からの報告―速報(7)
現地からの報告―速報(5)
赤十字の救援活動−速報(4)
赤十字の救護活動ー速報(3)
日赤から医療チームを派遣ー速報(2)
津波による甚大な被害と赤十字の活動ー速報(1)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
赤十字国際ニュース  第49号(通巻499号)
□□■□□    +++  助けあう心,そこに赤十字がいます.  +++
□■■■□    
□□■□□                            発行日:2004年12月28日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
----------------------------------------------------------------------------
* スマトラ島沖地震:津波による甚大な被害と赤十字の活動―速報(1)―
----------------------------------------------------------------------------
************************************************************************
* スマトラ島沖地震:津波による甚大な被害と赤十字の活動―速報(1)―

インドネシアスマトラ島北端160キロ沖で26日の午前7時59分(日本時間午前8時59分)にマグニチュード9.0の地震が発生しました.この地震は過去40年間で最大のもので,インドネシアのほかスリランカ,インド,モルディブ,マレーシア,タイなどでは津波があり,死者数は2万3,000人を超えています.被害者は数百万人にのぼるのではないかと推定されています.

赤十字では666万ドル(約6億9千万円)の緊急援助要請を発表し,国際社会へ支援を要請しています.また,災害が最も大きいと見られるスリランカとインドネシアへ被害状況の調査と現地での救援活動を調整するための専門家チームを派遣しました.

日赤はこの援助要請に対応して1億円の資金援助を実施することを決定しました.また,27日にはすでに日赤職員1名を赤十字の調査チームの一員としてスリランカに派遣しました.28日にはインドネシアへ1名を派遣します.そのほか,ERU(緊急対応ユニット)と呼ばれる仮設診療所と医療チームの派遣準備をすすめています.

日本赤十字社は義援金の受付を下記のとおり行っています.

受付期間  平成16年12月28日(火)から平成17年1月31日(月)
受付方法  郵便振替            口座名義  日本赤十字社
                              口座番号  00110−2−5606

振替用紙の通信欄に「スマトラ島沖地震救援」と明記してください.
郵便局窓口での取り扱いの場合振替手数料は免除されます.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
赤十字国際ニュース  第50号(通巻500号)
□□■□□  +++  助けあう心,そこに赤十字がいます.  +++
□■■■□    
□□■□□                            発行日:2004年12月29日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
----------------------------------------------------------------------------
* スマトラ島沖地震:日赤から医療チームを派遣―速報(2)―
----------------------------------------------------------------------------
************************************************************************
* スマトラ島沖地震:日赤から医療チームを派遣―速報(2)―
26日に発生したインドネシア・スマトラ島沖地震の津波による死者数は,29日現在,計6万8千人を超えています.赤十字は国際社会に向けて救援資金を募り,被害状況の把握を進めると同時に,スリランカ,インドなど各被災国において医薬品の供給などをはじめています.

日本赤十字社からは津波発災直後の27日,本社職員1名が赤十字の災害初期調査チームの一員としてスリランカ入りしており,現在同国南部を調査しています.またインドネシアについては,28日に本社職員1名を派遣しているところであり,さらに本日,医療チーム13名(医師3名,看護師4名,管理要員2名,技術要員4名)が成田空港を出発しました.この医療チームは今回の津波で壊滅的な被害を受けたアチェ州西部のメラボーにおいて,BHC(基礎保健)分野の救援活動を展開する予定です.

【日本赤十字社医療チームメンバー】
チームリーダー:熊本赤十字病院  医師      宮田  昭(みやた  あきら)
医師:    日本赤十字社医療センター        丸山  嘉一(まるやま  よしかず)
          熊本赤十字病院                  中島  伸一(なかしま  しんいち)
看護師:  名古屋第二赤十字病院            伊藤  明子(いとう  あきこ)
          日本赤十字社医療センター        山本  ひとみ(やまもと  ひとみ)
          日本赤十字社和歌山医療センター  畑下  眞守美(はたした  ますみ)
          熊本赤十字病院                  水元  景子(みずもと  けいこ)
管理要員:日本赤十字社本社国際部          藤枝  大輔(ふじえだ  だいすけ)
          熊本赤十字病院                  香月  寛(かつき  ひろし)
技術要員:名古屋第二赤十字病院            山田  悌士(やまだ  ていじ)
          熊本赤十字病院                  谷口  忠芳(たにぐち  ただよし)
          熊本赤十字病院                  井ノ上  隆己(いのうえ  たかみ)
          熊本赤十字病院                  勇川  修一郎(ゆうかわ  しゅういちろう)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
赤十字国際ニュース  第51号(通巻501号)
□□■□□    +++  助けあう心,そこに赤十字がいます.  +++
□■■■□    
□□■□□              発行日:2004年12月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
----------------------------------------------------------------------------
* スマトラ島沖地震・津波:赤十字の救護活動
----------------------------------------------------------------------------
************************************************************************
* スマトラ島沖地震・津波:赤十字の救援活動

改定緊急援助計画
12月26日に発生したインドネシア・スマトラ島沖地震・津波による死者数は,日を追って増加しており,30日現在,計7万6,900人を超えています.赤十字では今後6〜8ヶ月間200万人を救援するため,29日付けで6700万スイスフラン(約60億円)の改定緊急援助計画を作り,国際社会にアピールしています.

赤十字の動き
これまでに,スリランカには日赤の職員1名を含む災害初期調査チーム(FACT)が派遣されました.スペイン,ノルウェー,フィンランド,フランス,スウェーデン,ドイツ,イギリスの7ヶ国の赤十字社から医療,給水・衛生,テレコム,ロジスティックのERU(緊急対応ユニット)が派遣されています.インドネシアに派遣されたFACTにも日赤は職員1名を派遣しました.また,医療のERUチーム(13名)が本日ジャカルタからスマトラ島のメダンに入ります.オーストラリア,デンマーク,ドイツ,スペイン,フランスの各赤十字社からの,医療,給水・衛生,ロジスティックのERUが派遣されています.モルジブにもFACTが派遣されています.

被災国赤十字・赤新月社の活動
被災国の赤十字社・赤新月社も24時間体制で救援活動を行っています.2万2000人が死亡し,100万人が被災した(うち少なくとも20万人が住居を失った)スリランカではトリンコマレとバティコロアの赤十字支部で,負傷者や遺体の搬送のために赤十字車輌を投入し,多数のボランティアが活動しています.インドネシアでは3万2500人の死亡が確認され,今後この数は4万人となるであろうと推定されています.インドネシア赤十字社は医療チームをアチェ州に派遣したほか,300人以上のボランティアが救護活動に携わっています.また,調査チームと医療要員を被災地に送るためのヘリコプターの手配中です.タイでは1500人が死亡し,そのうち473人が外国人とされています.タイ赤十字は27日に医療班を派遣し,被災地の4箇所にヘルス・センターを設置しました.さらに保健省,軍の協力を得て看護師30人を最悪の被災地であるタ・クァ・パに派遣しました.インドでは毛布,調理用具,蚊帳,衣服などを含む家族用の救援物資がチェンナイ州に送られました.医療班やボランティアも動員され,救護活動を展開しています.アンダマン・ニコバル諸島にも飲料水などが配給されています.マレーシアでは被災地に14の救援センターが設置されました.また,ミャンマーでは被災地の調査を行っています.

日本赤十字社の活動
12月27日
1億円の資金援助実施
災害初期調査チーム(FACT)の一員としてスリランカに職員1名を派遣
12月28日
災害初期調査チーム(FACT)の一員としてインドネシアに職員1名を派遣
「スマトラ沖地震」募金活動を開始
12月29日
医療ERUチーム13名をインドネシアへ派遣.
12月30日
医療ERUチーム,ジャカルタ着,夕刻メダンに移動.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
赤十字国際ニュース  第52号(通巻502号)
□□■□□    +++  助けあう心,そこに赤十字がいます.  +++
□■■■□    
□□■□□              発行日:2004年12月31日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
----------------------------------------------------------------------------
* スマトラ島沖地震:津波:赤十字の救援活動―速報(4)―
----------------------------------------------------------------------------
************************************************************************
* スマトラ島沖地震:津波:赤十字の救援活動―速報(4)―

赤十字の動き
スリランカ北東部においては30日までに,医療物資の病院への配給や,被害地域への給水タンク供給を行ってきたところですが,来週には北東部の3万世帯に家庭用品セットを配布する予定です.また,防水シートや毛布を積んだ29日の100トンの物資に続き,30日,31日にも医療・衛生機材がコロンボに到着する予定です.更に,衛星電話を使った安否調査や遺体の身元確認作業なども行っております.
  インドネシアにおいては,遺体の処理作業を続行しています.また1,000世帯に救援物資を配給すると同時に,現在最低300,000人に対して緊急の救援物資,衛生・基礎医療物資を供給する準備を整えています.

日本赤十字社の活動
  インドネシアに派遣した医療ERUチームは,31日ジャカルタからスマトラ島西部のメダンに入り,活動に必要な物資を調達するとともに,インドネシア政府の医療資材倉庫にて物品を確認する作業を進めました.また,医師一名は災害初期調査チーム(FACT)の一員として明日,活動予定地のメラボーに入る予定です.

これまでの日赤の動き
12月27日    1億円の資金援助実施
災害初期調査チーム(FACT)の一員としてスリランカに職員1名を派遣
12月28日    災害初期調査チーム(FACT)の一員としてインドネシアに職員1名を派遣
「スマトラ沖地震」募金活動を開始
12月29日    医療ERUチーム13名,成田を出発
12月30日    医療ERUチーム13名,ジャカルタ着
12月31日    医療ERUチームの11名スマトラ島西部メダン着


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
赤十字国際ニュース  第53号(通巻503号)
□□■□□    +++  助けあう心,そこに赤十字がいます.  +++
□■■■□    
□□■□□              発行日:2005年1月1日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
----------------------------------------------------------------------------
* スマトラ島沖地震:津波:現地からの報告―速報(5)―
----------------------------------------------------------------------------
************************************************************************
スマトラ島沖地震・津波:現地からの報告

【スリランカ】
  国際赤十字の調査チームの一員として12月27日に日本赤十字社から派遣された大山啓都主事(本社)から,下記の報告が31日に届きました.「スリランカの南岸(ハンバントータ,マタラ,ゴールなど)の被害状況を調査したところ,既存の建物が使用可能であり,また地元住民による被災者への支援が行われている.スリランカ赤十字社の活動を支援するために生活用品や毛布などの救援ニーズが高いことが分かった.今後,避難している住民が,自宅に戻り生活を再開する際,物質的支援や住居の消毒などが必要になるだろう.」その他,赤十字では継続的に死体の処理や安否調査などを行っています.
【インドネシア】
  12月31日,スマトラ島メダンに到着した日赤医療ERUチームメンバー11人のうち,チームリーダーの宮田昭医師(熊本赤十字病院)は1日早朝,国際赤十字災害初期調査チーム(FACT)の一員として,震源地に近く被害が甚大なことから活動予定地としている,同島北西部沿岸のメラボーに向いました.現在,メラボーへの道路は津波の影響を受けて遮断されており,ヘリコプターだけが交通手段として使用されている状況です.メラボーでは救援活動に必要な燃料や資機材も入手できないことから,他のメンバーはメダンで物資の調達にあたっています.

これまでの日赤の動き
12月27日    1億円の資金援助実施
災害初期調査チーム(FACT)の一員としてスリランカに職員1名を派遣
12月28日    災害初期調査チーム(FACT)の一員としてインドネシアに職員1名を派遣
「スマトラ沖地震」募金活動を開始
12月29日    医療ERUチーム13名,成田を出発
12月30日    医療ERUチーム13名,ジャカルタ着
12月31日    医療ERUチームの11名スマトラ島メダン着
1月1日      医師一名が調査チーム(FACT)の一員としてメラボーに入る


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
赤十字国際ニュース  第3号(通巻505号)
□□■□□    +++  助けあう心,そこに赤十字がいます.  +++
□■■■□    
□□■□□              発行日:2005年1月6日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
----------------------------------------------------------------------------
* スマトラ島沖地震:津波:現地からの報告―速報(7)―
----------------------------------------------------------------------------
************************************************************************
スマトラ島沖地震・津波:現地からの報告(インドネシア)

インドネシア・アチェ州の西海岸にある町ムラボーは今回の災害で最も被害の大きかった町の一つです.ムラボーでの被害は海岸から3キロ内陸まで及んでおり,海岸付近は壊滅状態です.赤十字の災害初期調査調整チーム(FACT)の一員として調査に参加したスタッフは言います.「ビルや道路の破壊で辺りは瓦礫の山です.遺体からの強烈なにおいが立ち込めています.遺体搬送作業が行われているものの,瓦礫の下にまだまだ遺体があるものと思われます.」現地では,救援物資の輸送体制もいまだ十分でない状態です.

日赤の医療ERUチームは現在,2名をメダンに残し,他11名がムラボー入りしています.また医療資機材の一部はすでにムラボーに到着し,4日よりムラボーの郡立病院にて診療を開始しました.以下は現地に派遣されている日赤の宮田チームリーダーから本日の午後に入った最新の報告です.

「ムラボーの郡立病院はベッド数約80床の病院で,現在12名の現地人医師と6名の現地人看護師が働いています.今回の災害で医療スタッフも多数被災しており,医療活動を行える現地スタッフがとても少ない状況です.しかし,津波による被害で危険な状態の患者がどんどん病院に運ばれてきており,救急外来を24時間体制で行っています.病院へアクセスできるようになったのでここのところ患者が増えており,入院施設が足りないくらいです.
日赤チームはシンガポール軍から派遣されている医療隊の協力を得て,活動開始以来毎日約300名を診察しています.運ばれてくる患者は,その8割から9割が外傷です.病院に運ばれてくるのが遅く,普通なら治るような傷も感染を起こしており,悪化して敗血症になったり,破傷風に罹ったり,切断せざるを得ないケースがあります.活動している郡立病院でもすでに4名の患者が破傷風で死亡しました.予防接種を受けていない人々もいるようであり,今後の拡大も懸念されます.日赤チームは予防接種の実施も検討しています.今のところ下痢症状の患者は見られません.これはインドネシア赤十字社のボランティアが遺体処理,汚物処理を精力的に行ってきたことが功を奏していると思われます.日赤チームは治療活動の他,現地スタッフに対する手術後介助等の医療行為の指導,院内のごみの処理等も積極的に進めています.また,被災者キャンプでは半数が風邪の症状を呈しています.日赤医療チームでは被災者キャンプにいる人の健康状態等の調査も行っています.
ムラボーには29の避難所がありますが,できれば2〜3日中にこれを1箇所に統廃合する動きがあります.したがって,日赤の医療ERU機材の設置場所はその動きと,日赤チームによる調査を検討して決定します.」


▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△
発行者:日本赤十字社事業局国際部                                            
          
〒105-8521  東京都港区芝大門1-1-3
電話:03-3437-7087
FAX:03-3435-8509
E-mail:kokusai@jrc.or.jp         
URL:http://www.jrc.or.jp/
インターネット版 赤十字国際ニュース:http://www.jrc.or.jp/  
(写真入りのニュースがご覧になれます!是非アクセスしてみてください)
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△

▲ページの先頭へ


国際緊急援助隊

スマトラ沖の大地震及びインド洋津波被害によるタイでの津波災害に対する
国際緊急援助隊(国際消防救助隊)の派遣について(第7報)

平成17年1月3日14時00分
                                                  消        防        庁

1  地震の概要
(1)日時:平成16年12月26日午前09時58分頃
(現地時刻:12月26日午前07時58分頃)
(2)地震の規模:M9.0
(3)震源地:インドネシア  スマトラ島  西方沖
(北スマトラ州  メダン西方約300?)

2  派遣期間
    平成16年12月29日(水)〜未定

3  国際緊急援助隊の構成
      全体隊員  合計  81名
(1)任務:捜索・救助活動等
(2)このうち,国際消防救助隊の構成(合計  42名)
      ○  国際消防救助隊(IRT)第1次派遣隊(捜索救助隊)12月29日派遣
      計  13名
          うち総務省消防庁  1名
              (IRT総括官:総務省消防庁救急救助課理事官 長尾  一郎)
              東京消防庁                5名
              大阪市消防局              3名
              千葉市消防局              2名
              相模原市消防本部          1名
              川越地区消防組合消防本部  1名
          (そのほか,警察庁,海上保安庁及び外務省等から隊員(IRTを含め計49名)を派遣.)
      ○ 国際消防救助隊(IRT)第2次派遣隊(ヘリ部隊先遣隊)12月29日派遣
      計    5名
              東京消防庁                5名
      ○ 国際消防救助隊(IRT)第3次派遣隊(ヘリ部隊本隊)12月31日派遣
      計  24名
          うち総務省消防庁  1名
              (IRT総括補佐官:総務省消防庁防災課災害対策官  田辺  康彦)
              東京消防庁              11名
              大阪市消防局            12名
          (そのほか,全日空整備士3名を派遣.)

4  国際消防救助隊の派遣経過

  12月28日(火)
    ・タイ王国政府より,我が国政府に対して27日に援助の要請がなされ,政府が国際緊急援助隊の派遣を決定したことを受けて,消防庁長官が国際消防救助隊(IRT)の派遣を18時40分に決定.
  12月29日(水)
    8時50分  結団式(成田空港)
(第1次派遣隊)
10時45分  第1次派遣隊(49名.うちIRT13名)成田空港から出発.
(全日空:NH953便)
            21時10分  バンコク経由  プーケット空港到着.
      (第2次派遣隊)
17時15分  第2次派遣隊(IRT5名)成田空港から出発.
            (タイ航空:TG677便)
            30日  10時31分  バンコク経由  プーケット空港到着.
  12月31日(金)
    (第3次派遣隊)
9時00分  成田空港において結団式
10時53分  第3次派遣隊(IRT24名)成田空港から出発.
(タイ航空:TG647便)
18時55分  プーケット空港到着.
  1月  1日(日)
    深夜  消防防災ヘリコプター(2機:東京消防庁ヘリ,大阪市消防局ヘリ)を積載した大型輸送機アントノフが成田から出発.
  2日(月)
    7時00分  アントノフがプーケット空港到着.

5  国際消防救助隊の活動状況

  12月30日(木)
    現地時間13時50分頃,タクアパー郡バーンナムケム村で捜索救助活動を実施.津波により陸上に打ち上げられた船舶や廃材中に取り残された要救助者がいないか検索活動を実施した.
現地時間15時15分頃,ピピ島で生存者がいるとの情報があり,国際消防救助隊員5名を含む国際緊急援助隊救助チーム16名が海上自衛隊およびタイ国軍のヘリコプターでピピ島に向かい上空から捜索活動を実施した.
  12月31日(金)
    12月30日に引き続き,2班に別れてタクアパー郡バーンナムケム村とピピ島で捜索救助活動を実施.
現地時間17時頃に,ピピ島にて行方不明になっていた日本人親子を遺体で発見した.
  平成17年1月1日(土)
    捜索救助隊は,現地時間8時00分頃から救助隊チームをピピ島に投入し,引き続き,検索救助活動を実施.重機も活用して100名近くの遺体を発見.この中には,日本人の女性の可能性のある2遺体が含まれるが,遺体の損傷が激しく,現地での確認が困難であるため,タイ本土に移送して,確認作業を行うこととなった.
ピピ島での活動終了後,プーケット島に引き揚げ.
ヘリ部隊は,活動の拠点となるプーケット空港内,現地のヘリポート等を確認.
  1月2日(日)
    団長以下8名は,タクアパー郡長より要請を受け,現地時間の15時頃から,同郡長も同乗し,タクアパー郡バーンナムケム村を消防防災ヘリコプター2機で上空から捜索した.
  1月3日(月)
    捜索救助隊は,副団長以下6名により,現地時間11時頃から,カオラック国立公園付近を地上から捜索活動中.
ヘリ部隊は,午前中,消防防災ヘリコプターによりプーケット島からピピ島に向けて物資搬送を実施.また,プーケット空港からタクアパー郡へドクターを搬送.
午後は,消防防災ヘリコプターにより物資搬送を実施する予定.

▲ページの先頭へ


被害抑止軽減

Project for the Promotion of the Story of "Inamura no Hi" in the Asian region

▲ページの先頭へ


各国政府機関

タイ - Official Tsunami and Disaster Center

インド - National Disaster Management

スリランカ - Center for National Operations

モルディブ - National Disaster Management Center

マレーシア - National Security Division

米国 - Indian Ocean Tsunami

日本 - スマトラ沖大地震およびインド洋津波被害

EU - Tsunami Disaster European Solidarity

ASEAN - Committee on Disaster Management

▲ページの先頭へ


United Nations Site Link

  (English,東北大学大学院  安倍祥氏提供)

UN News Center

Tsunami in South Asia

UN

Office of the Spokesman for the Secretary-General

OCHA

Office for the Coordination of Humanitarian Affairs
ReliefWeb
IRIN (Integrated Regional Information Networks)
IRINnews Africa

UNHCR

United Nations High Commissioner for Refugees

UNDAC

United Nations Disaster Assessment and Coordination

WHO

World Health Organization
South Asia earthquake & tsunamis

WFP

World Food Programme
Newsroom

UNJLC

United Nations Joint Logistics Centre
 

UNICEF

United Nations Children's Fund
Press centre

UNFPA

United Nations Population Fund
Asia Tsunami Disaster

UNESCO

United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization

UNDP

United Nations Development Programme
Newsroom

The World Bank Group

IMF

International Monetary Fund

ISDR

International Strategy for Disaster Reduction

UN-HABITAT

United Nations Human Settlements Programme

▲ページの先頭へ


各国ニュースサイト

  (English)

Global

Reuters
Pictures
Reuters India
Reuters South Africa
Reuters AlertNet
S. Asia quake and tsunamis
Sri Lanka Tsunami
Thailand Tsunami
India tsunami
Indonesia quake and tsunami
Maldives tsunami
Tsunami hits E. Africa
BBC South Asia
BBC Africa
BBC Asia-Pasific
In depth -2004 - Asia Quake Disaster
CNN World
CNN.com Specials
AP
AFP
allafrica.com
Oceans and Rivers
AfricanNewsSearch.com
iafrica.com

USA, UK

ABC News
Tsunami Extended Coverage
CBS News
FOX News
BBC
MSNBC
Asia's Deadly Tsunami
Discovery Channel
The next wave: science of tsunami
The Washington Post
The New York Times
Asia's Deadly Wave
Honolulu Star-Bulletin
The Seattle Times
Los Angeles Times
The Times
Tsunami
Daily Telegraph
Tsunami Fact File

Australia

The Australian
The Age
Waves of destruction
ABC(Australian Broadcasting Corporation)
Asia Tsunami Disaster
news.com.au
Tsunami Disaster
The Sydney Morning Herald
Waves of Devastation

New Zealand

New Zealand Herald
TVNZ
 

Sri Lanka

TamilNet
Sri Lanka News Web
The Island
Daily News

India

PTI(Press Trusto of India)
The Indian Express
Indian Daily
Hindustan Times
The Hindu
Indiainfo.com

Indonesia

Jakarta Post
Indonesia News
Indonesia Post

Thailand

Bangkok Post
The Nation
Thai News Agencies(Link)

Maldives

Haveeru Daily
Minivan News

Malaysia

The Star Online
BERNAMA
MalaysiaNews.net

Myanmar

Burma Daily
MyanmarNews.net

Bangladesh

The Daily Star
(archive)

Somalia

Somalia News
Horn of Africa News Agency (HANA)
IRIN News.org: Somalia

Kenya

Daily Nation
KBC(Kenya Broadcasting Corporation)

Tanzania

Tanzania News

Madagascar

Madagascar News

South Africa

Mail & Guardian Online
Independent Online
NEWS24.com

▲ページの先頭へ


Web記事アーカイブ

各地の死者の状況,目撃された津波の流況,観測情報,データの有無,地図,参考とするURL,その他の情報を国,場所毎に求めています.

【津波】目撃された津波の特性に関する情報です
【被害】各地域の死者,被害の様子に関する情報です
【地震】体感した地震に関する情報です
【行動】津波来襲当時の行動に関する情報です
【対応】災害に対する対応に関する情報です
【過去の津波】過去の津波に関する情報です
【支援】国際支援に関する情報です
【復興】各国の復興状況に関する情報です

情報収集にあたっては大阪大学大学院・岡野恭子氏(国立民族学博物館・林研究室),東北大学大学院・安倍祥氏にご協力いただきました.

Sri Lanka India Indonesia Thailand Malaysia
Maldives Myanmar Bangladesh East Africa Somalia
Madagascar Seychelles Tanzania Kenya International
Australia        

▲ページの先頭へ


Sri Lanka

Map [University of Texas Library]  

スリランカ政府  National Disaster Management Center
(Relief Information, Situation, Current Needs ...)

Department of Census and Statistics
被災データなど

TamilNet
Sri Lanka News Web
The Island
Daily News

【被害】夜通し降り続いた豪雨により15の避難キャンプが洪水に見舞われた.氾濫により主要な道路や橋が通行できず,救援物資や援助隊が足止めされている.Amparaでは16万人の津波被災者に加え,約1万人が洪水による避難生活を強いられている.スリランカでは津波により確認されただけで死者が28,743人,行方不明者が13,976人.(1/1 AFP)
【被害】31日からの豪雨でスリランカ東部のAmpariaやBatticaloaでは洪水が発生.一部の地域では津波被災者約2,000人が避難を余儀なくされた.さらに地元警察官の話として,洪水による道路の通行止めで救援物資の輸送ができなくなっている.(1/1 8:09GMT TamilNet)(1/1 5:07am EST AP)
【被害】(地図)「大陸旅遊」のツアー客と添乗員計20名がヤラ国立公園内で被災.行方不明12人.外務省にはホテル倒壊で被災との情報も(12/28 10:25 毎日新聞)
【被害】スリランカ政府当局者:25万人が住居を失った.また被災地での略奪を防ぐため国軍兵士2万5000人が沿岸地域に配備された(12/28 2:44 読売新聞)
【被害】東岸沿いに被害が集中(12/27 神戸新聞)
【被害】通信網が寸断(12/27 11:37 毎日新聞)
【津波】東,南部を中心に広範囲に及ぶ海岸線が5mの高波に襲われた.首相報道官は「死者は2498人に上った」とはなした.いくつかの集落は水没,行方不明者が多い.数千人が避難.(12/27 2:19 読売新聞)

ハンバントタ
【被害】ホテルが倒壊し,邦人8〜10人の遺体が収容された(12/27 13:00 時事通信)

トリンコマリー周辺
【被害】最も被害が大きく1つの村で200人以上が死亡したとの情報(12/27 2:19 読売新聞)

コロンボ
【津波】洪水が発生した.(12/27 2:19 読売新聞)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


India

Map [University of Texas Library]  

PTI(Press Trusto of India)
The Indian Express
Indian Daily
Hindustan Times
The Hindu
Indiainfo.com

2004年12月27日

【被害】(行政区地図)南部タミルナド州など3州に被害が集中(12/27 神戸新聞)

タミルナド州
【津波】チェンナイのあるタミルナド州では高さ10mの津波に襲われた(12/27 12:11 時事通信)
【被害,津波】南部ナガパティナムで約400人,クダロールで約180人が死亡したほか,州都チェンナイでも約10mの高波が家屋をのみ込み125人が犠牲.死者の多くは女性や子供.(12/27 2:19 読売新聞)

アンドラプラデシュ州
【被害】約200人が死亡した模様.(12/27 2:19 読売新聞)

アンダマン・ニコバル諸島
【被害】20人の死亡が確認された(12/27 2:19 読売新聞)

地源域の真上の島は,地震と津波に見舞われ,激しい地殻変動に見舞われた.行方不明も多数出ているが,捜索は難航.
アンダマン=ニコバル諸島の詳細地図
アンダマン=ニコバル諸島の詳細地図
・地殻変動
全体的に島が沈降(海水面が上昇).美しい海岸(Campbell Bay等)が消失.Car Nicobarはひどく沈降.Trinket島が二つに割れた.Great Nicobar島のIndira Pointが消失(ほとんど水没).
http://www.deccanherald.com/deccanherald/jan022005/i11.asp
http://www.telegraphindia.com/1041230/asp/frontpage/story_4192191.asp
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/4140823.stm
被害写真

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Indonesia

Map [University of Texas Library]  

Jakarta Post
Indonesia News
Indonesia Post

ナングロ・アチェ・ダルサラーム州
【被害】州都バンダ・アチェ(アチェ州地図)で死者数が1万人に達する可能性をユスフ・カラ副大統領示唆(12/28 10:15 ロイター)
【津波】バンダアチェ住民:津波が沿岸地帯から10km離れた州都バンダ・アチェ中心部まで押し寄せる(12/28 07:01 時事通信)
【津波】複数の住民:津波は市街地に到達した時点でも数メートルの高さを保っていた(12/28 07:01 時事通信)
【行動】沿岸の住民の多く:地震の揺れがおさまった後も特に避難はしなかった(12/28 07:01 時事通信)
【被害】電話線が切断されている(12/27 11:16 毎日新聞)
【被害】ナングル・アチェ・ダルサラーム州で少なくとも1,873人死亡(12/27 10:31 NNA)
【被害】沿岸の家屋数百戸が津波で流され,橋などが倒壊している(12/27 10:31 NNA)
【被害】アルン液化天然ガス(LNG)基地の生産には影響がない(12/27 10:31 NNA)

北スマトラ州
【被害】観光地ニアス島ではホテルが津波で倒壊した(12/27 10:31 NNA)
【地震】メダンでは震度2〜3程度のゆっくりとした揺れを3〜5分にわたって感じたものの大きな被害はなかった(12/27 10:31 NNA)
【対応】ユドヨノ大統領はメダンに臨時対策事務所設置を決めている(12/27 10:31 NNA)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Thailand

Map [University of Texas Library]

タイ国Phuketの潮汐表

Bangkok Post
The Nation
Thai News Agencies(Link)

2004年12月29日

プーケット  Map [JAL World City Guide]
【津波】ショッピングセンターの地下で食堂を営むブンチュット・サーイヨさん(40):仕事の準備中に被害にあった.大波がくるぞという誰かの叫び声を聞いた直後,水が押し寄せ何も見えなくなった.体が浮き上がり夢中で泳ぎついた先は近くのホテルの2階.(12/29 20:23 毎日新聞)
【被害】ショッピングセンターは1階と地下が破壊された.(12/29 20:23 毎日新聞)
【津波】学会のためにプーケット島に訪れていた東北大院生古田智弘さん(28):ほとんど揺れを感じなかった.午前10時10分過ぎに島西岸のビーチに出ると,既に第1波が到達した後だったが,観光客やホテル従業員に動揺した様子はなかった.第2波は10時21分から約2分間.押したり引いたりを5回繰り返しながら,波は次第に大きくなった.2度目の押し波で高台の店が浸水し,4度目で商品の洋服も水につかり始めた.この時点で津波だと気づいた.最も大きかった5度目の波は「陸地に50m入り込み高さも80cmに達した」「押し波がどこまで大きくなるか,いつまで続くのか分からず不気味だった.避難誘導などはなく日本との違いも感じた」(12/29 7:03 河北新報)

パンガー県カオラック
【被害】リゾート施設の周囲には多数の遺体が散乱したまま.カオラックだけで外国人を含む770人の遺体が回収されたとの情報もあり,正確な情報はつかめていない(12/29 1:58 読売新聞)
【被害】ダイビングショップを経営していた村山光生さん(54):外国人の知り合いもほとんどが行方不明のまま.リゾート施設は全滅し,電気が復旧する見通しもない(12/29 1:58 読売新聞)

ピピ島
【津波】ドン島の繁華街,木造のバンガローはめちゃめちゃに壊れがれきの山と化していた.平屋建ての土産物店のならびの白壁には約1.5mの高さまで泥流の後が黒々と残っている.津波が街全体を覆い尽くした様子がよく分かる(12/29 10:44 毎日新聞)
【状況】がれきの間や海中から次々に遺体が見つかった.ヤシの木がなぎ倒された浜辺の近くには白い布にくるまれた約50体の遺体が並べられている.港に停泊中のタイ海軍の船には既に30体ほどが運び込まれたという(12/29 10:44 毎日新聞)
【津波】かばん店を経営するブンマ・サリムさん(45):低い津波が来た後,高さ十数mの波に襲われた(12/29 10:44 毎日新聞)
【被害】ホテル2館以外の宿泊施設,レストラン,店舗,旅行代理店が津波で壊滅.2館のホテルも廃墟と化しており館内に入ることはできない.(12/29 10:32 NNA)

2004年12月28日

プーケット  Map [JAL World City Guide]
【津波,対応】観光で訪れていた鹿児島市の自営業江川常治さん(53):「ドーン」という大きな音を聞き,一階に下りると,ロビーやレストランは泥水があふれ,イスや机は流されていた.周囲の民家は倒壊し,樹木はなぎ倒されていた.ホテルのロビーにはけが人は運び込まれ,手当を受けていた.(12/28 14:50 西日本新聞)
【津波】白人観光客:26日午前10時頃第一波.その1,2分前,地鳴りのような「ゴー」という異様な音がした.10分後の第二波でホテルの1階が白波をかき立てた大波に襲われた.(12/28 11:14 NNA)
【被害】パトンビーチ.海岸道路沿いのホテルやレストラン,土産店はすべて津波に飲み込まれた.横転したり逆立ちした自動車,窓ガラスがことごとく割れたホテルやレストラン.車両は通行不可能.公衆電話や携帯電話も通じず.ゴミ捨て場のように混乱した路上 (12/28 11:14 NNA)
【津波】パトンビーチ在住の英国人男性:水がいえの中にまではいって来て,家具と一緒に道路に流された.たくさんの人が流され,道路にも遺体が転がっていた(12/28 11:14 NNA)
【津波】海岸から500mはなれたホテルにいたタイ人男性:信じられなかった.波の力はとても強く,ホテルのロビ−に車が流されて来て,ひっくり返った.水は胸の高さまであった(12/28 11:14 NNA)
【行動】プーケットで旅行業を営む小池富美子さん:津波が起きるとビーチにいた人が一斉に山に向かって避難した(12/28 11:14 NNA)
【対応】プーケットタウンのホテルはほぼ満室状態.宿泊先を失った旅行者はタウンに集められているようだ.27日午後治安当局は西海岸のビーチを全て立ち入り禁止にした(12/28 11:14 NNA)
【被害】病院関係者:津波によって割れたガラスが水中に流れ出した.けがの多くはガラスに接触したことによる裂傷.(12/28 11:14 NNA)
【行動】家族旅行に来たバンコク在住の日本人女性:海水浴をしていたら警備員が津波を察知して,逃げるように指示された.すぐにホテル内に駆け込むと海水が2階まで押し寄せて来た.ホテルを出ると黄色い軍用車のようなトラックに救助されプーケットタウンまで運ばれた(12/28 11:14 NNA)
【被害】プーケットを訪れていた香港の民主党李党首:気がついたときにはビーチには何もなくなっていた.多くの船が沈没するのが見えた.(12/28 11:14 NNA)

カオラック
【体験】群馬県高崎市の会社員伊東壮彦さん(31)ら:「ワー」という人の声が聞こえ,同時に地鳴りのような音が聞こえた.ホテルの部屋は1階にあり海まで20m.窓をのぞくと目前に高さ3〜4mもの「壁」がせまっていた.海水ではなく「砂」だと思った.同時に「爆弾が落ちたか,テロか何か起きたのか」頭によぎった.部屋をでると階段まで10m.駆け上がった.階段を水が追いかけて来た.壮彦さんのサンダルに水が追いついて来た.さらに3階にたどり着くまでわずか10秒.4階の屋上からみると2階までが浸水.「ここまで水が来たらあのヤシの木に飛び移るしかない」.そのヤシの木には何人もよじ上って津波を避けていた.しばらくしてみるとその木には誰も残っていなかった.(12/28 2:38 西日本新聞)

2004年12月27日

【被害】犠牲者の8割は外国人(12/27 12:32 毎日新聞)
【被害】(行政区地図)厚生省系ラジオの報道:被害はプーケット,ソンクラー,クラビ,パンガー,スラタニの各県で被害が報告されている(12/27 10:31 NNA)
【地震】タイ国営通信:北部チェンマイで12/26 8:30AM頃地震を観測.高層建築物の上階にいた場合だけ感じられる程度だった.(12/27 10:31 NNA)

プーケット  Map [JAL World City Guide]
【津波】当時,ビーチにいた千葉県在住の梅宮正人さん(33):第1波のあとホテルへ逃げようとしたが間に合わず,第2波にのみ込まれた.茶色の泥流の中で足がたたず,頭上や周辺で車やイスが浮かんでいるのが見えたと言う.(12/27 15:21 産經新聞)
【津波】目撃者の話を総合すると,第2波の津波の高さは数mから20mとの証言もある(12/27 15:21 産經新聞)
【津波】ピピ島へ百人乗りの観光船で向かっていた米国人男性のサムさん(47):突然,海が2つに割れたようになり,船の右側が盛り上がった.続いて船が津波の上に持ち上げられ,300m前方のピピ島のバンガローの2階が同じ高さに見えた.数時間海上で待機した後,プーケットへ引き返した.途中転覆した小型ボートにつかまったり,海上に浮かんでいたダイバー4,5人を救助した(12/27 15:21 産經新聞)
【津波】白人観光客:海岸線から130mも離れたホテルの1階部分が大波にのまれた
【津波】日本人観光客:海岸線が一気に引いた後,ものすごいスピードで津波がやってきた(12/27 15:21 産經新聞)
【津波】日本人観光客:滑走路にも泥水が襲った(12/27 15:21 産經新聞)
【津波,行動】当時ビーチにいた東京都40代会社員:海岸線が一気に2,30m引いた後,ものすごいスピードで津波がやってきた.高さは膝上ぐらいだったが,ビーチの屋台は全て流された.現地の人も津波と分からず,潮の引いた浜にカニを捕りに行く人もいた(12/27 15:21 産經新聞)
【津波】家族5人で帰国した千葉県市川市の中学一年生,川瀬裕之君(13):波頭が線のように見えたと思ったら,一気に波が柵を越え,海岸線にある店を飲み込んだ(12/27 15:21 産經新聞)
【津波,行動】東京都品川区近真知子さん(26):26日朝プーケットの飛行場に到着後,停電が発生.窓から外を見ると津波と見られる泥水が流れ込み空港職員がシャッターを閉めていた.用意されたバスで山側の学校の講堂に夕方まで避難(12/27 15:21 産經新聞)
【津波】滋賀県の会社員田路公夫さん(27):沖の方から土が盛り上がるように茶色の水が空港に向かってきた(12/27 15:21 産經新聞)
【被害】プーケット在住水野弘巳さん(48):市街地は平常通りだが,ビーチは壊滅状態(12/27 15:21 産經新聞)
【地震】プーケット在住水野弘巳さん(48):揺れに気づいた人の方が少なかったのでは.体感では震度1程.建物倒壊は見当たらず(12/27 15:21 産經新聞)
【被害】ビーチ沿いは,ホテルやペンションなど数百軒の宿泊施設がほぼ壊滅状態.建物に乗用車が流されたまま転がっていたり,コンピュータなどの機械類が散乱したりしている(12/27 15:21 産經新聞)
【対応】タイ人以外の負傷者は市街地にある国立病院を経由し,2つの私立病院に搬送.ピピ島などからも船でプーケットに搬送.(12/27 15:21 産經新聞)
【被害】国内でも電話がつながりにくい(12/27 15:21 産經新聞)
【行動】プーケット日本人会会長宮下和司さん(52):スキューバダイビングの会社から,津波当時日本人約30人が船2隻で沖合に出ていた.潮の流れがおかしいことにスタッフが気づき,海岸の事務所と無線で連絡,津波と分かり途中で引き返した.プーケットに約20年すんでいるが津波自体初めて.地元の人も怖さを分かっていなかったのではないか(12/27 15:21 産經新聞)
【被害】プーケットから帰国した人:海岸から100m入ったくらいまでは壊滅的状態.車,船,ビーチパラソルなど散乱(12/27 12:27 朝日放送)
【津波】プーケット島バンタオビーチにいた東京都世田谷区の会社員田尻智穂さん(40):数回の小さな揺れの後砂浜が水浸しになったため,ホテルのプールサイドに戻り,その後津波が襲ってきた.高さは1mくらいだけど,ものすごいスピードで迫ってきた.従業員の指示で3階まで駆け上がった.怖くて声も出なかった.(12/27 12:18 毎日新聞)
【津波】川崎市幸区外崎千夏さん(29):最南端のビーチのホテルのレストラン.海辺を見ていたら突然「ゴゴゴー」という音とともに高さ数mの大津波がホテルにぶつかった.何がなんだか分からないまま上のロビーに逃げた.(12/27 12:18 毎日新聞)
【津波】津波の高さは5m以上に上った(12/27 10:31 NNA)
【被害】プーケット国際空港は被害を受け一時閉鎖されたが午後になり再開された(12/27 10:31 NNA)
【被害】最も被害が大きかったパトンビーチ,ホテル「ナナイ・ビラ」を営む毛利幸恵さん(36):レストランや土産物店がひしめく2本のメインストリートは水浸しで壊滅状態.タクシーやトラックが店舗に飛び込み,まっぷたつに割れた船が路上に打上げられていた.(12/27 2:34 読売新聞)
【行動】千葉県の柿谷義郎さん(61):パトンのレストランで,海が真茶色に盛り上がったので,「津波だ」と叫んだ.急いで家族と車に乗り込み一目散に逃げた.水が引くと街はがれきで埋まっていた.本紙電話取材に語った(12/27 2:34 読売新聞)
【津波】パトンで旅行会社を営む加古百絵さん(30):高さ5mの津波が2回襲って来た.ずしりと重量感のある波で,海岸を歩いていた人たちが流され,その後,海岸に打上げられた(12/27 2:34 読売新聞)
【行動】1時間後に救急車が到着したが,道路が水浸しで現場に近づけず,住民らが協力して息のある人から運んだ.50人くらいがなくなったと言う(12/27 2:34 読売新聞)
【津波】カロンビーチのホテル「カローナ・リゾート&スパ」の大音直子さん(32):屋外にいた客の悲鳴で津波を知った.ビーチとの間の道が濁流にのまれて,大きな乗用車も流されていた.ホテルが高みにあったので皆さんが必死に逃げて来た.朝の地震には気づいていたが津波に関する情報は何もなかった.津波の後地元警察から余震に備えるよう警告が出た(12/27 2:34 読売新聞)
【津波】クラビ島を訪れていた語学留学生今野秀彦さん(35):ボートに乗り込もうとしたところ,現地の住民から突然「乗るな」と呼び止められた.海を見ると,水平線は真っ白.大岩を洗う高さ10mの波だった.数百人はビーチで見物していたが夢中で逃げた.
【津波】津波の高さは5〜10mに達し,内務省発表ではここだけで86人に上った.目撃証言では津波は3波に分かれて押し寄せ,約1万人の観光客が高地に避難した.タクシン首相は南部3州の被災地住民に避難を呼びかけた(12/27 2:19 読売新聞)

パンガー県ヤーウ島
【被害】2人死亡(12/27 10:31 NNA)

クラビー県
【被害】9人死亡(12/27 10:31 NNA)

ピピ島
【被害】電話線が切断されている(12/27 11:16 毎日新聞)
【被害】数百人が取り残されている(12/27 10:31 NNA)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Malaysia

Map [University of Texas Library]

The Star Online
BERNAMA
MalaysiaNews.net

【被害】27日16時現在.半島部西海岸を中心に被害.ペナン島で38人死亡(12/28 11:14 NNA)
【被害】(行政区)死者数:クダ州(12人),ペラ州(2人),スランゴール州(1人)(12/28 11:14 NNA)
【津波】日本時間10時と13時に高さ4〜6mの波が襲来した.(12/27 3:01 時事通信)

ペナン島

2004年12月29日

【被害】海水浴客が波にのまれる等,多くの市民が犠牲となった.高波で船や車が流されたり,住宅地に海水が流れ込むなど被害が拡大.国の代表的な観光地に大きなつめあと.(12/29 10:32 NNA)

2004年12月28日

【被害】マレーシア・ペナン在住の内海明美さん(57):繁華街は建物が壊れ,交通が寸断されていた.ビーチでは20人近くの人が亡くなったらしい.(12/28 14:50 西日本新聞)
【被害】北部海岸一帯の被害が最も大きかったと見られる(12/28 11:14 NNA)
【津波】26日13時過ぎから高さ2.5〜3mの津波が3回にわたって到達.(12/28 11:14 NNA)
【津波】島南西部サングル海岸近くで八百屋を営むチュア・アベーさん(30):突然ライオンの吠え声のような音が聞こえて来た.
【地震】地震が感じられたのは26日9時頃.(12/28 11:14 NNA)
【地震】近くに住むシンダ・シンさん(45):寝室のエアコンが急にがたがた言い始めた.慌てて3人の子供と一緒に外絵飛び出した.余震は5〜8分続いたと言う(12/28 11:14 NNA)
【津波】島南西部のパシルパンジャン海岸で海水浴を楽しんでいたロシータ・ワンさん(30):いきなりすごい高さの波が襲って来て,家族みんなが海に引きずり込まれた.ロシータさんは自力で浜辺にたどり着いたが家族が行方不明.(12/28 11:14 NNA)
【津波】エンジニアのブライアン・ホーさん(34):(島の高い場所からは津波が押し寄せる様子がはっきり見えた.)小さな船が6,7隻大波の上でツバメのように舞っているのが見えた(12/28 11:14 NNA)
【津波】アパートの12階にすむ体育教師ジャスティン・コーさん(28):昼食を買っていえに戻ったら,窓の外に大波が立ち上がるのが見えた.続けて遠くから観光客の悲鳴が聞こえて来た(12/28 11:14 NNA)
【津波】島北部,ムティアラ・ビーチ・リゾート・ホテルの営業担当,橋詰由紀子さん:水平線に津波が現れて5分とかからず浜に到達した (12/28 11:14 NNA)
【対応】ペナン島北部,タンジュンブンガ海岸のパラダイス・サンディー・ベイ・ホテルでは従業員が望遠鏡で津波を確認.海辺にいた約50人の宿泊客を避難させた(12/28 11:14 NNA)
【地震,津波】 タンジュンブンガ海岸のパラダイス・サンディー・ベイ・ホテルの日本語担当・レイモンドさん:地震発生時はホテルの上の階で揺れを感じた.津波は13時半頃から3回来た.2回目が一番大きかった.警察や消防などから地震津波情報は全くなかった.日本人宿泊客が近くの漁村へ走り危険を知らせた.島の北海岸の漁村の被害がひどいようだ.近くの村では水上家屋が壊れ船も転覆している.ホテル横の学校の塀(高さ2m,長さ500m)は波で全壊.付近を走るタンジュントコン通りには船が打ち上げられ,一時通行止めになった(12/28 11:14 NNA)

2004年12月27日

【被害】リゾートのペナンなどで40人が死亡(12/27 神戸新聞)

ペナン島対岸・バタワース
【状況】特に被害は出ていない模様(12/28 11:14 NNA)

ランカウイ島
【被害】ランカウイ島南東部のホテルでは,プールに海水や砂が入ったり,エアコンが使えなくなったりしている.(12/28 11:14 NNA)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Maldives

Map [University of Texas Library]

Haveeru Daily
Minivan News

Maleの浸水域
The President's Office

2004年12月30日

【被害】モルディブでは75名が死亡,29名が行方不明.(12/30 Minivan News)

2004年12月29日

【被害】モルディブ大統領府:国内リゾート90箇所のうち20箇所で完全復旧まで数週間から3ヶ月を要する.そのうち首都マレから南東約100kmのホワイト・サンズ・リゾートなど6箇所が完全に閉鎖されている(12/29 18:36 毎日新聞)

2004年12月27日

【被害】電話線が切断されている(12/27 11:16 毎日新聞)

マレ  Map [University of Texas Library]
【津波】首都マレでは4feet(1.2m)の高さまで浸水.(12/27 Minivan News)
【津波】政府報道官:首都マレでは津波で2/3が浸水する大被害となった(12/26 18:11 ロイター)

位置不明
【津波】政府報道官:海抜1mの島に1.3mの高波が襲った(12/26 18:11 ロイター)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Myanmar

Map [University of Texas Library]

Burma Daily
MyanmarNews.net

2004年12月29日

【被害】国際援助機関スタッフ:最低でも56人が死亡(12/29 10:35 AFP,NNA)
【被害】(行政区地図)社会福祉・救済・再定住省職員:首都ヤンゴン管区などイラワジデルタ地帯で36人の死亡が確認された(12/29 10:35 ロイター,NNA)
【被害】国際援助機関スタッフ:最南部タニンダーリ管区では20人以上が死亡(12/29 10:35 AFP,NNA)

2004年12月28日

【被害】UNICEFの情報としてミャンマーにて少なくとも90名が死亡,政府当局の報告によれば海岸にある17の村が破壊されており,被害数の報告は今後さらに増える見通し.(12/28 9:02 THE TIMES OF INDIA - AFP)
【被害】政府当局者:インド洋に面した河口地帯で36人が死亡した(12/28 2:44 読売新聞)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Bangladesh

Map [University of Texas Library]

The Daily Star
(archive)

2004年12月31日

【津波】Geological Survey of Bangladesh (GSB)のFazlul Karim氏はベンガル湾に広がる大陸棚がバングラデッシュの津波被害を軽減させたと述べた.大陸棚は200kmにわたって広がり,海岸付近では水深が10-20mの浅い海が続くため津波の減衰につながったと指摘.Karim氏らのチームはUSGSと調査を行っている.(12/31 The Daily Star)

2004年12月27日

【被害】バリサール沖でトロール船が転覆して,4歳の少年が亡くなり兄弟1名も行方不明.他の乗客は救助された.(12/27 The Daily Star)
【地震】Dhanmondi湖やKaptai湖,各地の河川や運河,湖沼では数秒から30秒の周期で数フィートの波が目撃された.(12/27 The Daily Star)
【過去の津波】Fazlul Karim氏は1734年の地震でバングラデシュの沿岸に津波があったと述べ,Chittagong Hill Tractsの痕跡から津波は最大20フィートまで遡上していたことを説明.(12/27 The Daily Star)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


East Africa

2004年12月26日

【情報】イギリス政府はマダガスカル,モーリシャス.セイシェル,ケニア,タンザニアに津波の危険性を警告.(12/26 09:58AM ET Reuters)

Somalia Kenya Seychelles Tanzania Madagascar

 

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Somalia

提供:大阪大学大学院 岡野恭子氏

Map [University of Texas Library]

Somalia News
Horn of Africa News Agency (HANA)
IRIN News.org: Somalia

2005年3月24日

【対応】人道支援活動のコーディネーションにおける新政府の役割強化の要請をOCHAから受け,政府はHumanitarian Affairs and Disaster Management Agency(HADMA)を設置し,22日に最初の調整ミーティングが行われた.一ヶ月ごとに開かれる予定である.(OCHA)

2005年3月22日

【支援】OCHAの調整のもと,さまざまな人道支援団体による調査が終了した.OCHAの報告書によると,保健に関することに重点が置かれており,施設の充実と同様にコミュニティにおける訓練や衛生教育を薦めている.ソマリア赤十字は今後の保健関連分野での活動において主要な役割を果たすことが期待される.Barj地域における保健プログラムはソマリアの援助調整機関と協力して4月の終わりに行われる予定である.Hafun地域ではボランティアが活動を行っているが,清掃活動および救援活動は終わりつつある.ボランティアの内2名を残留させ,被災地の中で募ったボランティアとともにTOT(Training of Trainer)を行う予定である.主な仕事はHafunの現地ボランティア17名によって行われている.衛生分野での活動も赤十字とともに行っている.ニーズの高かった手袋やマスクも国から支給された.IT支援ミッションは遅れているが,新たなIT&テレコム派遣団が地方の派遣団と合流する予定で,被災地において短期間のミッションを行う予定である.(3/22 IFRC)

2005年3月18日

【支援】要支援である44,000人の被災者のニーズには十分対応している状況である.WFPはPuntlandの海岸沿いの39の居住区や村の住民4万人のうち,3万人を支援している.食料配給の第二段階は3月13日に終了し,29,400人が352メートルトンの食料を受け取った.第三段階では3万人をカバーできる予定である.WFPでは2005年6月30日までは少なくとも食料を配給する予定である.FAOは来る6ヶ月間において3つのプログラムを行う予定である.焦点は被害調査,地域の漁業組合を設立するため漁業の専門家を任命すること,そして生活に必要な船,漁業道具などを供給することである.UNEP/OCHAのジョイントチームは,海岸沿いに投棄された有害物質の被害や環境負荷を注視している.(3/18 OCHA)

【支援】海岸沿いの6つの地区にてコミュニテイィ復興に携わっていたソマリア赤十字の100人のボランティアが次第に帰途に着きつつあるが,被災地で募ったボランティアに対して新たに訓練を行っている.衛生サービスや清掃活動はHafun地域で続いている.ソマリア赤十字保健チームは,EylやJariban地区での医療活動を続けている.(3/18 IFRC)

【支援】Disasters Emergency Committee(DEC)によると,ソマリアをはじめ東アフリカには350万ポンドが寄付され,それによる受益者は4万人以上である.(3/18 TearFund

2005年3月10日

【被害】3月1日に出された関係機関の報告によると,シェルター,水,健康,食料,物資に関する人道的支援は現在のところ概ね満たされている.しかしながら,被災者の50%は,次の漁業シーズン(10月)まで持続的な物資配給が必要な状況である.また,5%はいまだ緊急支援が必要な状況であり,40%が生活の危機に瀕している.(3/10 OCHA)

2005年3月9日

【被害】海岸沿いの村々で正体不明の健康被害が広範囲にわたり出ている.ソマリア政府は津波により有害廃棄物が海岸沿いを被い,病気や環境への被害が広まっているとし,調査を求めている.UNEPによると,急性呼吸器感染症,重い空咳,口からの出血,腹部の出血,皮膚疾患,呼吸困難などの病気が確認されている.放射性のある物質や化学物質が置かれていたコンテナーが津波で破壊されており,そこから漏れているものと思われる.1980年代後半,西欧の企業がウラン,カドミウム,水銀などの有害廃棄物をソマリア北部に投棄するようになり,中央政府の機能が停止状態に入った後は投棄がさらに広がっている状況である.(3/9 AFP)

2005年2月25日

【支援】ソマリア赤十字のボランティア100人が海岸沿いの6つの地区で地域の復興支援を行っている.Hafunの5,000人の住民にUNICEFを通じて物資の配給と同時に衛生,住宅,塩害などの環境改善にも取り組んでいる(2/25 IFRC

2005年2月24日

【支援】Adale地区にて漁業復興支援を行っているMCCが,51,860 ドルの支援プロジェクトを行う予定.地域の被災者に食料支援を行うとともに,漁業を生活の基盤としている約50の家族対し,漁に使う道具の交換などを行う(2/24 MCC

2005年2月18日

【被害】30,000人が避難,54,000人が緊急支援を必要としている.津波の余波で1,180戸の家が壊れ,2,400隻の船が破壊された.井戸も汚染され,貯水池も使えなくなっている.(2/18 FAO

2005年2月8日

【支援】1,500家族が,漁業の復興のためUMCORから食糧支援やネット,ロープなどの支援物資の供給を受ける.(2/8 UMCOR)

2005年2月7日

【支援】国連はソマリアに1億ドル以上の人道支援を行った.UNAIDは国連や非政府組織から1,034,331ドルの援助を受け,緊急支援活動を行っているまた,UNAIDのFood for Peace Officeは,ソマリアのUNWFPの需要の50%以上を補っており,WFPは477メートルトンの食糧援助を30,000人の被災者に行っている.(2/7 Xinhua News Agency

2005年1月28日

【被害】Hafunからの情報によると,Hafunの子どもたちのトラウマは深刻で,海岸に近寄らないようだ.しかしカウンセリング施設などは現地にはない.(1/28 IRIN)

2005年1月27日

【支援】1月11日から20日にかけて,ICRCは2,000トンの食料をPuntlandの10,000人の住民に配給した.これにより次の収穫の時期である4月まで生活できる見通し.(1/27 ICRC

2005年1月26日

【支援】ソマリア国内における勢力争いのため,支援物資の配給が滞っている.外国からの援助機関も引き揚げを余儀なくされている状況.(1/26 Reuter)

2005年1月25日

【支援】CARE-USAは18ヶ月に渡る支援を表明.支援の内容は衣食住に関わる緊急支援からコミュニティ復興,減災計画など多岐に渡る.250万ドルの支援金を用意した.中国のメディアによると,中国はソマリアとケニアの津波被災者支援のため130万ドル相当の物資を提供した.(1/25 IRIN)

2005年1月23日

【支援】中国政府はケニアとソマリアに対し,130万ドル近く相当の救援物資を届けた.内容は,テント250基,タオル地のベッドカバー4千枚,350個のジェネレーター,薬,食料,日用品などである.(Xinhua News Agency)

2005年1月20日

【被害】政府の発表によると,Puntlandの約3,344家族が津波の被害を受けた.近年ソマリアでは旱魃が続いており,職を求めて多くの住民が海岸沿いに移動していた時に起きた災害であった.これらの家族のうち約20,000が洞穴や木の下に住んでいる.Puntlandでは283人の住民が負傷していると伝えている.しかしながら,援助機関によると,ソマリア全体で約150人が津波で死亡し,54,000人が緊急支援を必要としていると推測している.被害額はPuntlandだけでも2350万ドルになると推測される.衣食住の確保の次には,コミュニティ復興を援助するCBO(Community-Based Organization)の設立が急務である.(1/20 IRIN)

2005年1月19日

【被害】津波により,漁業の中心であるGaracadの15企業が被害を被った.従業員はおよそ3,400人.地元の役人によりと,780家族(約4,800人)の生活に影響が出ている.Puntlandでも,16,720家族(約100,000人)が災害から立ち直るのに苦闘すると推測される.(1/19 IRIN)

2005年1月18日

【被害】600家族が財産を失う.2,600席の漁船が破壊された.多くの人がプラスチックのシートや木の枝で作った小屋に避難している.(1/18 WHO)
【支援】WFPは現在までに19の村22,500人の住民に米,トウモロコシ,調理油,レンズマメなどを配給した.(1/18 UNJLC)
【支援】UNHCRでは後発の便で,さらに2隻の船で物資を送る予定である.UNHCR全体としての支援は32,500枚の毛布,10,000枚のプラスチックシート,台所用品15,000セット,ジェリカン10,000個,30,000枚のマットになる予定.(1/18 UNHCR)

2005年1月17日

【支援】WFPの食料が北東Puntland地域の4つの村に届いた.3,200人の住民がレンズマメ,お米,トウモロコシ,植物油を手にした.(1/17 WFP)

2005年1月15日

【被害】死者数:298人(1/15 AFP)

2005年1月14日

【被害】死者数:150人 避難者数:5,000人 被災者数:102,000人(1/14 USAID)

2005年1月11日

【復興】Hafunでは,学校に避難していた住民がシェルターに移り,100人近くの子どもたちのために学校が再開された.(1/11 UNICEF)
【被害】1,500戸の家と40の村が被害を受けた.(1/11 IRIN)
【支援】UN-HABITATは200万ドルの費用で1,000戸の家を修復し,500戸の家を新築することを予定している.(1/11 IRIN)
【支援】ケニアから船で送られるはずの物資は技術的な問題で遅れている.この物資には,20,000枚の毛布,2,995枚のプラスチックシートが含まれている.今後10,000個のジェリカン,台所用品22,900セット,22,000枚のマットも送る予定である.(1/11 UNHCR)

2005年1月10日

【支援】WFPはBossasoの事務所から毎日トラックを290キロ離れたHafunに送っている.WFPは12月30日から68トンの食糧をHafunに送っており,3,900人の住民に届けている.WFPが行った全体の食糧支援は275トンで,支援を必要としている30,000人のうち17,000人のもとに支援が届けられた.(1/10 WFP)
【津波】海岸沿い650キロ以上に渡って波が到達している.(1/10 UNICEF)
【支援】UNICEFはソマリア北東の海岸沿いにあるHafun,Gara’g,Bender Beyla,Eylの村々で12,000人の住民の支援を行っている.Hafunの住民3,000人に毛布,ジェリカン,プラスチックシート,調理器具,蚊帳,石鹸を配給した.また,WHOと協力してシェルター支援やきれいな水の供給,医療支援などをしている.学校再開と就学率を上げることがUNICEFの優先項目であるとしている.(1/10 UNICEF)

2005年1月9日

【被害】死者数:150人 避難者数:5,000人 被災者数:54,000人(1/9 USAID)

2005年1月7日

【被害,支援】2,000人の漁師に対する設備の補修,技術訓練,船の建設などの支援には,200万ドル必要であり,すでに設立されたFAOのEmergency Coordinator and Food Security Unitが支援を始めている.(1/7 FAO)
【支援】UNCHRはWFPと協力して32,500枚の毛布と2,995枚のプラスチックシーツをケニアから現在運んでいる.(1/7 UNHCR)

2005年1月6日

【支援】WFPの食糧支援が,Hafunと Eyl地区の1,800人の住民にも届いた.現在までに218メートルトンの食糧が12,000人の被災者に配給されている.(1/6 WFP)
【支援】UNICEFは,被災直後に塩素消毒活動を行い,家族救援キットの配布や医療サポートなどを行った.500キットを被害の大きい地域に配布,3つの浅い井戸を修復,麻疹の予防接種活動,ビタミンAのカプセル支給,栄養失調の子どもの検査,住民の多い地域へのトイレ用の穴掘り,衛生に関する意識向上の活動を行っている.(1/6 UNICEF)
【被害】主に見られる病気は,水に起因する病気,麻疹,トラウマ,急性の呼吸器系疾患である.(津波との因果関係は不明)(1/6 WHO)
【支援】国連は,ソマリアの54,000人の被災者支援のためには1千万ドルが必要と発表した.WFPは,現在までに12,000人の被災者に218メートルトンの食糧支援を行った.(1/6 IRIN)
【被害】1,000人程度の住民(主に漁師や塩作りを生業とする人たち)がいたHurdiveでは,約100隻の船や漁に必要な道具が流された.(1/6 IRIN)

2005年1月5日

【支援】21トンの食糧配給がEyl地区で開始された.20メートルトンの食糧がHafun地区のGaran村の住民500人に対して行われた.WFPは12月29日から合計177トンの食糧を配給しており,受益者は9,600人となった.(1/5 WFP)
【被害】死亡者数は298人に上った(1/5 AFP)
【支援】国連はソマリア北東の54,000人の住民のための基金を募るため,フラッシュアピールを出した.ソマリア国内で難民帰還支援を行っていたUNHCRも18,000人を対象にシェルター部門の支援を始め,他にもシートやマット,毛布,ジェリカン,台所用品などを海岸沿いの約5,000世帯に配布する予定である.(1/5 UNHCR)
【被害】死亡者数は298人に上った(1/5 BBC News)
【支援】国連は12,000人の被災者に200トン以上の食糧を配給し,津波の被害を受けた約54,000人の被災者を救うには,少なくとも13億ドルが必要であるというアピールを出した.(1/5 BBC News)
【支援】UN-HABITATがソマリアの復興に関するプロポーザルを提出した.(1/5 UN-HABITAT)
【被害】UNICEFは,Hafun半島において水源の汚染や汚水処理施設の破壊により水環境が悪化, 千世帯以上が伝染病などの危険にさらされていると発表.(1/5 IRIN)

2005年1月4日

【被害】WFPは30,000人の住民(主に漁師)を「援助を必要としている人」とした.漁業は停止したままである.(1/4 WFP)
【支援】WFPは津波発生から現在まで,2,500人の受益者に食料を配給した.(1/4 WFP)
【被害】死者数:142人 被災者数:54,000人 (1/4 USAID)
【被害】わかっている範囲で,少なくとも120人が死亡.何千という人が家を失い,多くの漁師の数が未だカウントされていない.政府によると,約50,000人が避難している.(1/4 Concern)
【被害】ソマリアの沿岸部では1万8千世帯以上が被災し,家屋や船の流出が多数あるとOCHAが発表.JeribanやEylでは約1000戸の家屋が破壊され1200隻の船が流出,Bender Baylaでは180戸の家屋と船1400隻の被害があり,道路や橋梁も各地で大きく被害を受けて通行が遮断された地区もある.ソマリア全体の津波による犠牲者はおよそ150名にのぼる.(1/4 IRIN)
【支援】WFPは被害の大きな沿岸部のBander Beyla, Jeriban,Alulaなどで食糧支援を行っている.(1/4 IRIN)

2005年1月3日

【被害】死者数:176人 (1/3 AFP)
【被害】死者数:142人 被災者数:30,000〜50,000人 (1/3 USAID)

2005年1月2日

【被害】コレラ発生の可能性が高い.(1/2 WHO)

2005年1月1日

【被害】死者数:120人 被災者数:10,000〜15,000 (1/1 USAID)

2004年12月31日

【支援】他のアジアの国と異なり,ソマリアの問題は被害状況を査定する能力に欠けていることであり,その部分の支援を人道支援団体は行う必要がある.最も緊急に支援が必要なものは飲み水の確保である.(12/31 OCHA)
【支援】WFPにより,12メートルトンの食料(米,とうもろこし,植物油,豆)がHafunの500家族に配られた.Foarの100家族も食料を受け取る.(12/31 WFP)
【被害】WFPによると,ソマリアの海岸地域によって被害状況も変化している.南部では津波の勢いは弱く被害も比較的少なかった.しかし漁村は大きな打撃を受けており,船や家も流されている.Galgududの海岸地域では負傷者も出ている.北東Puntlandの状況は厳しく,海岸沿いを800キロにわたり津波の影響を受けている.被災者数は30,000〜50,000と見られ,緊急支援を必要としている.(12/31 WFP)
【津波】第一波発生から6時間後,東アフリカの海岸に津波到着.(12/31 AFP)

2004年12月30日

【被害】推定15,000人が津波の被害を被った.120人前後の死者数を出し,多くの人が行方不明である.Hafunでは80%の家や貯水などの衛生設備が破壊された.(12/30 UNICEF)
【支援】国連やNGOは,特に避難所,水,医療,食料の支援を重点的に行っている.(12/30 UNICEF)
【被害】死者数:120人 避難者数:50,000人(12/30 USAID)
【被害】国連による北東地域の航空査定の結果,人道支援の必要性は依然としてあるが,被害の大きさは当初予測していたものよりも小さいと判断された.FAOでは南部の調査も行う予定である.(12/30 OCHA)
【支援】WFPは83メートルトンの食糧を備蓄しており,Hafunに12メートルトンがすでに配給されている.(12/30 OCHA)
【被害】死者数:132人(12/30 AFP)
【被害】ソマリアの首相は30日までに120名が死亡,35名が行方不明,5万人が避難生活を送っていると述べた.(12/30 BBC News)

2004年12月29日

【被害】最も被害が大きいのはPuntland北東,Bandar,Murdayo,Raas Caseyr,Bargal,Hafun周辺.食料,薬,避難所,料理器具や衣類のニーズが最も高い.(12/29 IRIN)
【支援】WFPはHafunの2,000人に対して食糧援助を行うため,31メートルトンの食糧をBosassoからHafunへ陸路で運んでいる.Hafunの被害情報しか入ってこないため,国連は海岸沿いの全ての被災地を調査する予定.(12/29 IRIN)
【被害】ソマリア北部のハフンでは津波によりインフラの85%が破壊され,22隻の船が流出した.(12/29 IRIN News)

2004年12月28日

【支援】WFPは31,000キロの米と植物油と豆を,最も被害の大きいPuntlandに送る.少なくとも300家族をカバーすることができる見通し.(12/28 Xinhua News Agency)
【被害】死者数は100人,負傷者数は150人以上.48遺体をすでに収容しているが,22の漁船がいまだ行方不明である.(12/28 AFP)
【被害】ソマリア政府は,少なくとも100人が死亡と発表.被害状況が未だ明らかになっていないため,近く国連等に視察を求める予定.(12/28 DPA)
【被害】ソマリアの暫定議会によると,50人近くの人が水死した.犠牲者のほとんどが北東のPuntland地域のGara’gやHafunの村からの漁師であった.地元メディアは,死者数は100名に上るだろうと伝えている.(12/28 IRIN)
【被害】漁師40人の遺体が確認され,60人が行方不明(12/28 2:44 読売新聞)

2004年12月27日

【被害】海岸沿いの中央・北東地域において,何百人もの死者が出ると発表されている.海岸沿いの村や町の多くは津波により破壊され,また水没している状況である.ソマリア政府は国際的な救援活動を訴えている.(12/27 OCHA)
【津波,被害】河川の逆流で流域住民9人死亡(12/27 12:32 毎日新聞)

2004年12月26日

【被害】Mogadishuの800km北東のKabaal地区で,9人が高波にさらわれて死亡と伝えられた.Mogadishu近くのElmaan港では7人が行方不明.(12/26 Xinhua News Agency)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Kenya

Map [University of Texas Library]

Daily Nation
KBC(Kenya Broadcasting Corporation)

2005年1月31日

【被害】ケニアでは,当局と赤十字によって初期の警報システムや防災対策がとられていたため,多くの死者数を出さずに済んだ.リゾート地であるMalindiの海岸では2名の死者が確認されただけであり,観光地であるMombasaでも、死者・負傷者ともに出ていない.(1/31 IFRC)

【支援】国内では現在までに,企業や一般から1万ドル近くの寄付が集まっている.(1/31 IFRC)

2005年1月23日

【支援】中国政府はケニアとソマリアに対し,130万ドル近く相当の救援物資を届けた.内容は,テント250基,タオル地のベッドカバー4千枚,350個のジェネレーター,薬,食料,日用品などである.(Xinhua News Agency)

2005年1月13日

【被害】重大な経済的打撃はないとの見通し.(1/13 BBC)

2005年1月8日

【被害】海岸沿いに生息している珊瑚のおかげで,ケニアの海岸沿いは津波の被害が少なかった.しかし、海岸で観光業に従事する人々からは,防災対策の充実を求める声が出ている.(1/8 KBC)

2004年12月27日

【被害】遊泳客1人が死亡(12/27 12:32 毎日新聞)

2004年12月26日

【津波】MalindiのTurtle Bayのspokespersonは「6時間の間に4回の押し波と引き波があった」と述べる.(12/26 09:58AM ET Reuters)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Seychelles

Map [University of Texas Library]

2005年3月22日

【支援】国内の組織による支援活動は終わりつつある.同組織はUSAIDと中国の赤十字から50,000ドルを受け取った.これにより,後の調査で必要だと明らかになった支援物資を補えるようになった.赤十字は救援活動において主導的な役割を果たしており,保健省や現地の専門家と協力しながら心理的サポートをも行っている.ドイツとスペインの赤十字は短・中・長期的支援を協働で行うため,セイシェル赤十字に連帯を申し入れている.被災者にはホットプレートや調理セットも配られ,食事の準備が行えるようになった.一部の家族にはその状況に従って冷蔵庫や洗濯機も使用できるよう支援が行われた(セイシェルではこのような設備は基本アイテムとみなされている).Praslinは負傷者のための野戦病院の場となっており,高齢者や子どもがその対象となっている.(3/22 IFRC)

2005年3月18日

【支援】セイシェル赤十字の60人のボランティアが引き続き200家族に支援を行っている.MaheとCerfでは清掃活動も終わりつつある.農家および漁師の60家族が加えて生活支援を受けた.また40人のボランティアにも,安全に活動できるよう,ボランティアキットが配られる.(3/18 IFRC)

2005年3月12日

【被害・支援】UNDPは以下の項目を初期のニーズとし,支援することとしている.14戸の家の再建,25戸の家の修復,5つの橋・32キロにわたる道路・15キロの護岸・10キロの排水路・学校の再建,現地労働者に対する賃金支給,漁業の復興,41隻の船の修復,9隻の新しい船の建設,初期警報システムの構築,防災のための訓練などである.(3/12 UNDP)

2005年2月22日

【被害】Victoria周辺の土壌はいまだに高濃度の塩分を含んでいる.その量は,通常その島の植物が耐えうる基準の二倍である.また規模は小さいが,重要な資源である30km2のマングローブも砂と塩による被害を受けている.(2/22 UNEP)

2005年2月18日

【支援】国家団体の60人のボランティアが引き続き200家族に支援を行っている.清掃活動もMaheとCerfの島々で行われている.(2/18 IFRC)
【被害】さらに50家族(主に農業と漁業従事者)が要支援であると確認された.(2/18 IFRC)

2005年2月7日

【被害】世銀は死者3人,負傷者(入院中)は少なくとも4人としている.初期段階では漁業インフラの被害がおよそ680万ドル,観光業における被害がおよそ1,500万ドルと見積もられていた.政府は津波とそれに続いて起きた豪雨による被害を3,000万ドル(セイシェルのGDPの約4%)と推測している.これに対し国連は,現段階における必要な緊急援助の額は890万ドル程度としている.(2/7 IRIN)
【支援】世銀はグラントで200万ドルを拠出.セイシェル当局は防災や対応システムに関する技術的支援を要請している.(2/7 IRIN)

2005年2月3日

【支援】UNEPはIUCNとオランダの省庁と協力して,津波による環境への影響,復興に対するニーズ,キャパシティビルディングに関する初期調査を行っている.(2/3 UNEP)

2005年1月31日

【支援】セイシェル赤十字は国内外に向けての基金を主導的に募っている.自国も津波の被害を受けているが,国内に留まらない緊急支援を行うべくアピールを出している.募った基金の一部(9,000ドル以上)は国内の500世帯の住民を支援するために使われ,残りはスリランカの被災者支援に使われる予定.(1/31 IFRC)

2005年1月12日

【被害】死者数:3人 避難者数:40世帯(1/12 USAID)
【被害】175家族が雨による地すべりを避けるためMaheから避難している.(1/12 IFRC)
【支援】国内では避難の手助けや心理的サポートが行われている.マットやベッドのシート,台所用品や地元の漁師が寄付した缶詰の魚などが35〜40家族に配られた.(1/12 IFRC)

2005年1月11日

【支援】UNDACの視察終了.大きな支援の必要はないと判断.防災の強化を勧めている.(1/11 DFID
【支援】オーストラリア政府はセイシェル支援のため,UNDPを通じて50万ドルを拠出することを決定.セイシェル経済は観光に依存する部分が大きいため,オーストラリアの支援はリゾート分野で大きな力になると思われる.(1/11 オーストラリア政府)
【被害】3つのホテルが休業(もしくは閉鎖).(1/11 オーストラリア政府)

2005年1月10日

【被害】政府によると,死者数は2名.9隻の船が沈み,41隻の船と水産会社1社が被害を被った.5つの橋が壊れ(あるいはひどく被害を受け),タールマクの道路は32キロにわたって修復が必要.堤防は15キロにわたり,また排水路は10キロにわたり被害を受けた.海岸の岩は300メートルにわたり被害を受け,14戸の家が倒壊,25戸が被害を被った.(1/10 OCHA)
【支援】FAOは漁船等の修復と同時に,農業と漁業における持続的な生活の復旧支援を行う予定(1/10 OCHA)

2005年1月9日

【被害】死者数:3人 被災者数:500世帯(1/9 USAID)

2005年1月8日

【被害】死者は3人(1/8 USAID)
【被害】港の5つの埠頭が被害を受けている.2つの漁業会社が冠水と,水に含まれる化合物により設備に重大な損害を被っている.MaheとPraslinの農業の作物を押し流し,水供給,インフラ,下水管,電線が被害を受けている.Maheでは水が防壁を超えて5つの学校と100以上の家を押し流した.波が去った後もこの時期特有の大雨に見舞われ,地すべりなどの危険が高まっている.津波による被害額(3,000万ドル)は,セイシェルの2005年国家予算の14%を占める模様.(1/8 AFP)

2005年1月7日

【被害】500世帯が被害を受け,多くの橋が流された.(1/7 IFRC)
【支援】セイシェルの赤十字は,地すべりの危険を回避するため,375家族を避難させた.また,食糧や物資の配給,最も被害を受けた地域の家族には心理サポートも行っている.(1/7 IFRC)
【被害】船の修復など,漁業の復旧を始めるのには250万ドルが必要である.(1/7 FAO)

2005年1月6日

【津波】2.5〜4.0メートルの高潮が,Praslinと Maheの島々の東岸を直撃した.(1/6 OCHA: Flash Appealより)
【復興】主要な公共インフラの修復(一時的に住民の生活を支えられる程度)はすでに終了している.(1/6 OCHA: Flash Appealより)
【支援】国連は,今後の支援として,コーディネーションなどに300,000ドル,経済の復興とインフラに7,500,000ドル,避難所や物資に1,100,000ドルの計8,900,000ドルが必要だとしている.(1/6 OCHA: Flash Appealより)
【支援】UNEPは災害の警告システムや防災のための技術的な支援を行う予定.(1/6 UNEP)

2005年1月4日

【被害】MaheとPraslinの島が壊滅的被害.公共インフラや観光業に何百万ドルもの被害を被り,洪水や雨で多くの人が家を失い避難生活をしている.(1/4 Africare

2005年1月1日

【被害】死者数:1人 避難者数・被災者数不明(1/1 USAID)
【被害】一番大きな島,Maheの南と西の部分,2番目に大きなPraslin,3番目に大きなLa Digueが大きな被害を被っている.首都Victoriaも水が引かず,商港もひどく影響を受けている.(1/1 OCHA)
【支援】政府は国際社会からの更なる援助が必要であると述べている.(1/1 OCHA)

2004年12月31日

【被害】政府は,津波被害は3,000万ドルになるであろうと発表した.(12/31 OCHA)

2004年12月30日

【被害】死者は一人のみ(12/29 BBC)
【被害】津波によって,セイシェル内陸の島々が大きな被害を被った.水で道のインフラが破壊され,漁業施設や公共施設,農業部門,学校,住宅,地盤沈下,観光業にも影響が出ている.(12/30 OCHA)

2004年12月29日

【被害】セイシェルで3人死亡.(12/29 BBC)

2004年12月27日

【被害】行方不明:9人(12/27 12:32 毎日新聞)

2004年12月26日

【津波】2mの津波が浸水し,数百の家屋が倒壊.住民や旅行者には高台へ避難するよう呼びかけ.(12/26 09:58AM ET Reuters)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Tanzania

Tanzania News

2005年3月18日

【対応】タンザニア赤十字は連盟に対し,タンザニアにおいて2005年地域災害対策チームの訓練を行うよう要請した.この要請はケニアとウガンダの赤十字に支持されると同時に,災害対応能力の強化を計画していた連盟の意向とも合致している.(3/18 IFRC)

2005年3月2日

【支援】中国は被災者支援のため,タンザニアに100,000ドルを寄付した.(3/2 Xinhua News Agency)

【被害】死者10人.海岸沿いに大きな被害を受ける.地下のオイルパイプの一部分も損傷している.(3/2 Xinhua News Agency)

2005年1月13日

【被害】重大な経済的打撃はないとの見通し.(1/13 BBC)

2004年12月29日

【被害】ダル・エス・サラームの警察の話として,遊泳中だった10名の死亡を確認,多くは子供であった.(12/29 IRIN News)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Madagascar

2005年3月28日

【対応】マグニチュード8.0を記録した余震が起きた際,マダガスカルとモーリシャスにおいて津波警報が発令された.(3/28 AFP)

2004年12月30日

【津波】モーリシャスが津波に襲われた約3時間後にマダガスカルに津波が到達し,1000人が家を失った.(12/30 BBC News)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


International

2004年12月29日

・津波発生時,スウェーデン人が最大3万人,英国人が最大1万人,フランス人が約5000人,ドイツ人約8000人が,インド洋沿岸の被災地に滞在していた(12/29 2:57 産経新聞)

2004年12月27日

【支援】NGO団体「アジア・アフリカ環境協力センター(ACEC)」(神戸市)は27日,新潟県中越地震の被災地に送る予定だった毛布やタオルなど救援物資計約400キロを急遽,インドネシアなど各国に送ることを決めた.同時に義援金も募集(12/27 15:21 産經新聞)
【支援】NPO「海外災害援助市民センター(CODE)」(神戸市)も27日,救援委員会を立ち上げた.インドのNGOなどから被害状況や必要な支援について情報を収集.(12/27 15:21 産經新聞)
【支援】27日:日本赤十字社は27日,インドネシアのスマトラ島沖で発生した地震で1億円の資金援助.また職員1人を同日夜スリランカに派遣,国際赤十字の調査チームに参加させる.日赤は既に仮設診療所と医療チームの準備を始めている.(12/27 13:04 時事通信)
【支援】27日:非政府組織(NGO)「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ,本部東京,大西健丞統括責任者)は27日午前,日本人スタッフら2人をジャカルタへ派遣.現地の被害状況や必要とされる支援物資などについて情報収集を進める.震源地に近い同国ナングロアチェ州に,同日にもジャカルタ事務所の現地スタッフを派遣する.(12/27 12:00 時事通信)
【支援】国際医療のNGO「AMDA」(本部岡山市,菅波茂理事長)も27日午後,日本人スタッフ1人をナングロアチェ州へ派遣する.(12/27 12:00 時事通信)
【支援】27日:日本:26日スリランカの要請をうけ,スリランカへ国際緊急援助隊医療チーム派遣(12/26 23:01 時事通信)
【支援】欧州連合(EU)は,被災国に300万ユーロ(400万米ドル)の支援を決定.国際赤十字や非政府機関(NGO)を通じて実施すると発表した.(12/27 10:31 NNA)

2004年12月26日

【支援】26日:国連人道問題調整官事務所(OCHA)は26日,インドネシア・スマトラ島沖で起きた地震による大津波の被害調査を行う専門家チームをスリランカに派遣したと発表.このほか被害があった周辺各国にも職員を派遣し,各国の救援活動を支援する.(12/27 11:00 時事通信)
【支援】26日:英:津波被害を受けたインドネシアやインドなどに対し,哀悼の意を伝えるとともに,援助を申し出た.援助の具体策について外務,国際開発,国防の3省が調整中.香港およびクアラルンプールの緊急展開チームに待機を命じた.(12/27 9:01 時事通信)
【支援】26日:米:被災国に適切な支援を提供する用意.スリランカとモルディブには既に救援物資が送られている(12/27 11:01 時事通信)

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


Australia

Asian Tsunami Effect in Western Australia - University of Western Australia

▲アーカイブ目次へ  ▲ページの先頭へ


リンク

▲ページの先頭へ


ホームページへのお問い合わせ

お問い合わせ,ありがとうございます.

以下のフォームに必要事項をご記入の上,ご送信下さい.
こちらから折り返しご連絡させていただく場合がございますので,メールアドレス,お名前,内容は必ずご記入ください.
なお,お問い合わせいただいた内容は当ホームページに掲載させていただく場合がございますのでご了承ください.

件名

お名前(必須)

Emailアドレス(必須)

Emailアドレス(必須,確認のためもう一度入力してください)

お問い合わせ内容(必須)

以上の内容でよろしければ送信ボタンを押してください

  

▲ページの先頭へ


リンク情報の提供

リンクすべきサイトの情報提供,ありがとうございます.

以下のフォームに必要事項をご記入の上,ご送信下さい.
こちらから折り返しご連絡させていただく場合がございますので,メールアドレス,お名前,内容は必ずご記入ください.

お名前(必須)

Emailアドレス(必須)

Emailアドレス(必須,確認のためもう一度入力してください)

URLアドレス,リンクタイトル,コメントなど(必須)

以上の内容でよろしければ送信ボタンを押してください

  

▲ページの先頭へ


謝辞

スリランカ調査結果(北大・JAMSTEC・東京工業大・Moratuwa大)を防災科学技術研究所・岩崎伸一先生より提供いただきました
ソマリアセイシェルケニアタンザニアマダガスカルのウェブ記事情報を大阪大学大学院・岡野恭子様(国立民族学博物館・林研究室)より提供いただきました.
津波数値解析情報をフランクフルト大学・GFZ(ドイツ・ポツダム地球科学研究センター)より提供いただきました.
スリランカ現地調査結果(東京大学)を東京大学・本田隆英先生から提供いただきました
タイ現地調査結果(東大・JAMSTEC・タイ気象局・Rangsit大・HAII)を防災科学技術研究所・岩崎伸一先生より提供いただきました(この研究は科学技術振興調整費の補助を得て行われました)
インドネシア現地調査結果(横浜国大・東京海洋大・PCI・Syiah Kuala大)を横浜国立大学・柴山知也教授より提供いただきました
CSIR(Council of South Africa for Industrual Research)の津波解析の結果を港湾空港技術研究所の平石室長より提供いただきました.
タイ国調査結果を和歌山県危機管理局総合防災課防災対策班長・中林憲一様よりお知らせいただきました.
地震に伴う地殻変動の推定結果を京都大学防災研究所地震予知研究センター・橋本学教授よりお知らせいただきました.
スリランカ現地調査結果(横浜国大・東京海洋大・ルフナ大)を横浜国立大学・柴山知也教授よりご提供いただきました.
海外渡航に関わる医療情報を大阪大学人間科学部・中村安秀教授よりご提供いただきました.

▲ページの先頭へ


Copyright 2004-2005 Research Group on the December 26, 2004 Earthquake Tsunami Disaster of Indian Ocean.
All Rights Reserved. All Quotations and Data are Copyrighted Materials of their Credits.